2015年05月29日

青蓮(藤が丘)…カテゴリーはファミレスだ

青蓮
東急バスを藤が丘駅前で降りる。
周りを見渡すと、飲食店らしきはすき家と青蓮しか見当たらない。
歩き回れば他に見つかるのかもしれないが、暑さのせいでその元気もない。
青蓮に行く。

青蓮
ファミレス風の店内は席数が多く、喫煙者用の屋外のテラス席もたくさんある。
14時くらいの入店で先客は5人ほど、店が広いから客入りが乏しく感じる。
広い席がたくさん空いているのに、2人用の小さい席に行くよう店員に命じられる。

青蓮

青蓮

青蓮
麺飯類や定食セットのメニューを渡されたが、
糖質制限ダイエットのために、できれば麺飯類は食いたくない。
グランドメニューから注文できるか聞くと、大丈夫だと言われる。
四川山椒と唐辛子の本格麻婆豆腐810円五目春巻518円を注文する。
麻婆豆腐は普通と中辛と激辛から選べると言われ、中辛を指定する。

青蓮は首都圏に約30店舗を擁する中華チェーンのようで、
本格中華料理をファミレス価格で提供するというコンセプトなのだという。
私の本来の行動圏にも何店か店舗があるが、
入ったことはおろか気にしたこともこれまでなかった。

青蓮
注文から6分ほどでまず麻婆豆腐が出来上がってくる。
土鍋に盛られてきたがまったくぐつぐつしていない。

青蓮
食べてみると、辛さはかなりマイルドだ。
豚挽肉と細ネギを使用した日本式麻婆豆腐ということになると思う。
豆豉は入っているが、本式の独特の酸味は感じられない。

青蓮
春巻はなかなかだ。
あんには木耳や春雨、白菜なども入り、
油切れがよく皮もフニャッとしていない。
醤油も辛子も何もつけなくとも十分美味かった。

青蓮
バーミヤンよりはやや料理が本格的気味な中華ファミレスということだ。
バイトと思われるフロアの店員たちの接客もそれなりだ。
多分地域の需要に合った形なのだろう。
競争も激しくないのだろう。

青蓮 藤ヶ丘店中華料理 / 藤が丘駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 15:22| Comment(0) | 神奈川県 横浜市青葉区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。