2015年06月26日

ハングリータイガー(センター南)…噛み応えある粗挽きハンバーグ

ハングリータイガー
ハングリータイガーといえば都内では虎ノ門の人気スパゲティ店を思い浮かべるが、
神奈川県では八店舗を展開する人気ハンバーグチェーンということになる。
今日はたまたま肉汁溢れるデカいハンバーグを噛みしめたい気分だ。
念願のハングリータイガー初訪問はセンター南店である。

ハングリータイガー

ハングリータイガー
入口も店内も地方の市役所の中のレストランのような地味な雰囲気だ。
全80席と広い店内は平日13時過ぎで6割くらいの卓がうまっている。
客層はカップルや家族客が多く、背広姿の一人客は私しかいない。

ハングリータイガー
大きな窓に向かっている広い4人用席に案内される。
窓の外には早渕川という川が流れている。

007-09a8c.jpg
ランチメニューを見る。
ランチダブルハンバーグレギュラーセット2,130円を注文する。
レギュラーセットはパンかライスと飲み物がつく一番質素なセットメニューで、
飲み物はアイスウーロン茶を選択する。

ハングリータイガー
注文から8分ほどたって、カレーポットのような器に入ったソースが出て来る。
色からデミソースかと思ったが、ちょっとなめてみるとだいぶ違う。
強い塩味と若干の酸味と生姜の味を感じるオリジナルソースだ。

ハングリータイガー
その2分後に鉄板にのったハンバーグがジューッと音を立てながら運ばれてくる。
ダブルハンバーグは220gの丸いハンバーグが2個鉄板にのっている。

ハングリータイガー
紙ナプキンを立てて油ハネを防ぐよう指示された後、
店員がハンバーグをナイフで切って断面を鉄板に当て、ソースをかける。
60秒待ってから食べるように言われる。

ハングリータイガー
食べてみると肉はかなり粗めに挽かれていて噛むと弾力がある。
お年寄り客が結構いるが大丈夫だろうか、と心配になるくらい噛み応えがある。
ハンバーグには肉以外のものは一切入っておらず、肉汁に富んでいる。
肉好きにはたまらないワイルドなハンバーグではないだろうか。

ハングリータイガー
つけあわせのオニオンソテーやいんげん、ベイクドポテトも美味かった。
私の隣の若いカップル客は、女性がダブルを、男性がシングルを食べていた。
そういう光景も最近はあまり驚かなくなってきた。
なかなか美味かったから、気が向いたらまた来よう。

ハングリータイガー センター南店ハンバーグ / センター南駅センター北駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

posted by こここ at 14:41| Comment(0) | 神奈川県 横浜市その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。