2015年07月17日

【閉店】ぐーばーぐ(武蔵小山)…遅すぎるランチはしっとりハンバーグで

ぐーばーぐ
ようやく梅雨明けでかんかん照りのこの日は朝から働き通し。
いったい何リットルの汗をかいただろう。
東急線を武蔵小山駅で降り、時計を見れば17時半。
ほぼ一日近く何も食べてない。
強烈な空腹の中、頭に浮かんだのは鉄皿の上で肉汁滴るハンバーグだ。
くいしんぼかぐーばーぐだが・・・、いずれもチェーン店だからどちらでもいい。
駅からほんのちょっとだけ近いぐーばーぐに行く。

ぐーばーぐ
時間が時間だけに店内に客は私以外誰もいない。
全48席という店内は広くて明るく席間も余裕がある。
ちょっと良さめのファミレス風である。

ぐーばーぐ
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。
基本的には牛100%ハンバーグ、合挽きハンバーグ、ステーキの三構成だ。
何だか1sくらいのハンバーグでも食えそうな気持ちだから強気な選択をする。
ビーフ100%ハンバーグの旨!ハンバーグラージ205g999円(ご飯、味噌汁付)に、
単品のビーフ100%ハンバーグ150g524円を追加で注文する。
ご飯は少なめでお願いする。
ソースは4種類から選択できるが、熱々のハンバーグにはあっさりソースが合うと考え、
おろしソースを選択する。

ぐーばーぐ
注文から7〜8分ほどで出来上がってくる。

ぐーばーぐ
ジューッと音を立てる鉄皿には油ハネを防ぐ紙が巻かれている。
別皿のおろしソースをかけ、音が止むのを待ってから紙を外す。

ぐーばーぐ
2枚のハンバーグ脇にはフライドポテトとコーンがのる。
なんだか野菜がとても乏しいので、サラダセットにすればよかったと後悔する。
茶碗半分のご飯とワカメと油揚げとネギの入った味噌汁がつく。

ぐーばーぐ
食べてみると、挽肉は細かめに挽かれていてフワッと軟らかい食感だ。
箸で割ると肉汁が滴ってきて、全体にしっとりとしている。
肉の旨味はそこそこあり、おろしソースはやや甘みがある。
コストパフォーマンスは高いと思う。

ぐーばーぐ
ハングリータイガーのような粗挽きハンバーグがガツンと肉肉しいのに対し、
この店のはソフトで食べやすい感じで好対照だ。
いずれ合挽きハンバーグと食べ比べに来てみたい。

ぐーばーぐ 武蔵小山店ハンバーグ / 武蔵小山駅西小山駅戸越銀座駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 19:27| Comment(0) | 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。