2015年07月24日

ティーヌン(海浜幕張)…閑散とした商業ビルの中のチェーンタイ料理店

ティーヌン
何故か平日の昼過ぎに幕張に仕事で来ているのである。
世は夏休みだからもっと観光客で溢れているのかと思ったが、
意外と人通りは少ない。
どうしてもパッキーマオを食いたい気分で調べると、近辺にタイ料理店は一店しかない。
スーク海浜幕張という商業ビルの3階にあるティーヌンに行く。

ティーヌン
ビルに入ると中は閑散としていて掃除のおじさんくらいしか歩いていない。
時間は14時40分くらいだからランチのピークが過ぎているし、
夜しか営業していない飲み屋系の店も何店かあるせいかもしれないが・・・。
もちろんティーヌンも例外でなく、誰も客のいないところに入店する。

013.JPG
「ランチメニューしか注文できないんですか?」
「ランチメニューしかダメですね。」
日本人の中年男性店員に、いかにも気の利かなそうな感じで言い放たれる。
夜のメニューにはパッキーマオがあり、無理を言って頼むのも手だが、
この店員の様子ではかえって嫌な気分になる可能性が高い。

004.JPG
「トムヤムラーメンとトムヤムクンラーメンってどう違うんですか?」
「具がチャーシューか海老かの違いです。」
チャーシューの方のトムヤムラーメン730円と追加パクチー110円を注文する。
麺をバミー(中華麺)、センレック(中細米麺)、センヤイから選べると言われ、
パッキーマオ断念を少しでもカバーすべくセンヤイ(太米麺)を指定する。

ティーヌンはスパイスロードなる会社が経営する首都圏に十数店舗あるチェーンで、
タイ料理店のチェーンとしては関東では最も店舗数が多いと思う。
大抵の店は商業ビルの中にあり、タイの市場の屋台風の雰囲気が特徴だ。

ティーヌン
注文から5分ほどで出来上がってくる。
追加パクチーは別皿でたっぷり盛られてくる。
デザートとしてタピオカ入りココナッツミルクがつく。

ティーヌン
トムヤムラーメンはスープはまさにトムヤムクンの色だ。
表面に並ぶ二枚の厚みのあるチャーシューをどけるともやしの山が現れ、
その下からセンヤイを引っ張り出して食べる。

ティーヌン
見た目の雰囲気は麻辣刀削麺に似ているが、味は決定的に違う。
何といっても辛さと共に強烈な酸味を感じる。
むしろ酸辣湯麺に似ているかもしれない。

ティーヌン
酸っぱいラーメンってどうも苦手だ。
藤が丘の中華屋の酸辣湯麺で苦しんだのを思い出す。
別皿のパクチーをすべて一気に投入するが、強烈な酸味は勿論変わらない。
だいたいこのスープにセンヤイはまったく合わない。
乾麺を戻したモチモチ感のない麺だからかもしれない。

ティーヌン
チャーシューは一般的なラーメン屋にあるような肩ロースの煮豚だ。
厚みがあったが、若干パサついていてやや臭みもあった。

ティーヌン
もの凄く慎重に食べたが、気がついたらワイシャツが赤い斑点だらけだった。
カオマンガイとかガパオご飯にすればよかったと後悔する。
急にこういうことがあってもいいように、
コンビニで売っている安いビニールのレインコートを常に携帯しようかとも思うが、
それよりも酸っぱいラーメンは自分に合わないので二度と食べない。

ティーヌン 海浜幕張店タイ料理 / 海浜幕張駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 15:22| Comment(0) | 都外(神奈川県以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。