2015年07月29日

じらい屋(武蔵小山)…ぶ厚いチャーシューを噛みしめる

じらい屋
14時過ぎに首都高中央環状線の五反田出口を出る。
クソ暑いのに何故か気持ちはラーメンだ。
多賀野の中華そばとじらい屋の真っ黒なちゃあしゅう麺が頭に浮かぶ。
先日、麺屋しみるで惨めなチャーシューにがっかりしたから、
ぶ厚いチャーシューのじらい屋に心を決める。

じらい屋
カウンターのみ7席の小さな店内に先客はない。

じらい屋
真っ黒な醤油ラーメンにするつもりだったが、券売機の前に立って気が変わる。
味噌ちゃあしゅうめん1,000円麺大盛100円の券を買い、店の主人に渡す。

じらい屋
1年数か月前に初めて来て以来の2度目の訪問だ。
武蔵小山はなかなかのラーメン屋激戦地だが、
私は何軒か食べ歩いた中ではこの店が一番好みだ。

じらい屋
厨房からはジュージューと中華鍋を振る音が聞こえてくる。
もやし、玉ネギなどの野菜を味噌スープと共に炒めているのだ。
一般的な札幌味噌ラーメンと同じ工程で作られている。

じらい屋
注文から4分ほどで出来上がってくる。
丼がデカい。
もの凄いボリュームだ。
みじん切りのネギの他に素揚げしたネギ、ゴマが上からかかっている。

じらい屋
食べる。
中太の縮れ麺は相変わらずの独特の歯応え、噛むとバツッと切れる感じ。
スープは白味噌ベースの優しい味で、醤油ラーメンのようなインパクトはないが、
まあそれなりに美味いと思える。

じらい屋

じらい屋
ぶ厚いチャーシューは健在だ。
バラ肉部分で脂身がたっぷり、濃厚なスープほど合いそうなチャーシューだ。

じらい屋
正直言うと、この店では醤油ラーメンを食べるのが正解のような気がする。
味噌キムチラーメンという気になるメニューもあるが・・・。
かつてのように営業時間や営業日が気まぐれでなく来やすくなったので、
塩も試してみたい。

じらい屋ラーメン / 武蔵小山駅西小山駅不動前駅


posted by こここ at 15:44| Comment(0) | 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。