2015年08月09日

保昌(元町・中華街)…中華のカレーライスはしっかり辛い

保昌
2週連続で妻とハマスタ野球観戦、今日は17時から阪神戦だ。
15時45分頃にみなとみらい線で中華街に着く。
あまりのんびりと店を選んでいる余裕はない。
以前から気になっていた保昌に行く。

130.JPG
中華街大通りから香港路に入り店に着くと、派手ないでたちの女性に店内に導かれる。
全66席らしいが1階フロアはそれほど広くなく、先客は3人組と一人客の4人のみ。
店内には壁一面に有名人のサインが飾られている。
大食い選手権の舞台になったことがあるのか、その出演者のサインがいくつかあった。

151.JPG
広い4人用席に座りメニューを見る。
実は見なくても決まっているのだが。
五目焼きそば800円ニラエビ焼きギョウザ1,300円と、
この店に来た最大の目的である人気の牛バラ肉カレーご飯900円を注文する。

113.JPG
すぐに牛バラ肉カレーご飯につくスープが出て来る。

118.JPG
注文から3分ほどでまず五目焼きそばが出来上がってくる。
あんの具は白菜、小松菜、タケノコ、海老、薄切りの豚肉が認められる。
焼きそば全体のボリュームも少なめなら上にかかるあんも見た目寂しい。

128.JPG
麺は細く、揚げるようにカリッと焼かれていて、香ばしくて美味い。
あんも含め味はとてもいい。
もうちょっとあんの具が華やかならかなり満足感が高かっただろう。

137.JPG
その3分後くらいにカレーご飯が出て来る。
カレーは中華風という感じはあまりなく本格的で結構辛い。
おそらく片栗粉でとろみをつけていると思われ、かなりモッタリとしている。

140.JPG
よく中華料理屋でカレーを頼むと
タンメンの具のような細切り野菜がどっさりと入っていることがあるが、
そういうことはない。
むしろ野菜の具は溶けきっているようで、牛バラ肉片もあまり入っていない。

144.JPG
最後に出て来たニラエビ焼きギョウザはニラ饅頭をつぶしたような形だ。

147.JPG
箸で割ってみると海老の身がそのまま入っている。
これが食感の大きなポイントとなっている。
美味いけど4つで1,300円はちょっと高すぎる。

106.JPG
料理はいずれも美味かったが、コストパフォーマンスはあまり高くない。
野球観戦後にほんのちょっとだけ料理をつまみながら飲む、
という使い方を試してみてもいいかな、と思った。

158.JPG
さあDeNA、今日こそ・・・。

保昌 本館広東料理 / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 17:34| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 中華街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。