2015年09月06日

四五六菜館 別館(日本大通り)…やはり“スーロ”って読むみたい

四五六菜館 別館
日曜日15時半の中華街は夏休みが終わっていないかのような大盛況。
この時間だから店頭に行列のある店はないが、
18時も過ぎると人気店は予約なしでは入ることはできないだろう。
朝陽門からアテもなく中華街大通りを歩き、突き当たった四五六菜館に入る。

052.JPG
全380席と店はかなり大きく、2階フロアの窓際のテーブル席に案内される。
これだけ席数があるとさすがに空席は多いが、結構客は入っている。
料理を三品注文する。

056.JPG
最初に出て来たのが孫・海鮮炒飯1,404円、石焼鍋あんかけチャーハンである。
具には海老、貝柱などの他になんとふかひれがふんだんに入る。

064.JPG
更にズッキーニとオレンジ色のズッキーニの花が入るのが面白い。
ズッキーニの花は漬物になっているようで、独特な酸味と食感があって美味い。

065.JPG
続いて出たのが五目あんかけ焼きそば1,080円だ。

072.JPG
麺は細めだがあまりカリッと焼かれている感じはない。
具は海老、イカ、鶏ささみ、小松菜、ネギ、ニンジン、木耳など。
醤油味のあんは特徴に欠けるありきたりな味だ。
全体にボリュームも乏しい。

075.JPG
三品目は孫・麻婆豆腐1,620円が出て来る。
なんでも“上海料理店が考えた麻婆豆腐”というコンセプトのようで、
山椒はあまり入らず、豆豉が効いて独特な甘辛い味になっている。
そして何といっても最大の特徴は粗めに切られた牛肉が使われていることである。

四五六菜館 別館
しっかり煮込まれて濃厚でとても美味かった。
たまには四川っぽくない麻婆豆腐もいいなあと思った。

046.JPG
さて、この店はよくTVなどのメディアで紹介される際、“シゴロク”菜館と呼ばれるが、
この日、箸袋には“スーロ”菜館と書いてあった。
麻雀の心得のある人にはこの呼び方の方が違和感がないだろう。

083.JPG
何故ドリンクを注文しなかったかと言えば、
この後ハマスタでフローズン生ビールを飲むつもりだったからだ。
しかし、なんと試合開始直前ににわか雨が降り出し、17時10分に試合が中止となる。
野球を見に来て雨で中止になったのは生まれて初めての経験だ。

四五六菜館 別館上海料理 / 日本大通り駅石川町駅元町・中華街駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 17:42| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 中華街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。