2015年09月30日

WILLIAMのカーフベルト

WILLIAM
ある日、電車に乗って座っていて、
目の前に立った中年サラリーマンのベルトがみっともなくハゲていて、
自分のベルトを見てみると、人のことを言えないくらい痛んでいるのに気づく。

で、BEAMSのダブルポイントキャンペーンでいいベルトを買おうと思っていたのだ。
1ヶ月前くらいから物色していたが、
WILLAIMの光沢のある革とAnderson'sのマットな革の二つに候補を絞っていた。
丸ビルのBEAMSにはいずれも私のサイズのものがなかったため取り寄せてもらう。

100.JPG
結局光沢のあるWILLIAMを選ぶ。
Anderson'sはカジュアルなベルトを1本持っていて、
まったく持っていないWILLIAMに惹かれたというのもある。
でも後で考えてみれば、光沢のあるベルトの方が痛むと目立ちそうだ。
マットな方が長持ちするのかもしれない。

106.JPG
WILLIAMは1930年創業のミラノのベルト専業ブランドだそうだ。
値段は14,000円+税の15,120円。
今まで背広にしていたベルトはバーニーズのファミリーセールで5,000円で買ったもの。
だからあまり手入れも何もしなかったが、
これはちゃんと手入れして長持ちさせたい。
posted by こここ at 00:00| Comment(0) | ファッション 小物、靴、鞄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。