2015年10月02日

鴻運 新店(新橋)…あひるはパンチが強すぎた

013.JPG
旧友のMさんとSL広場の前で16時半に待ち合わせる。
何でこんな時間なのかは説明が長くなるので省略するが、
こんな時間に飲める店となるとやきとんか鴻運くらいしか思い浮かばない。
久々に鴻運 新店に行く。

018.JPG
時間が時間だけに先客はなし。
「どの席でもどうぞ。」
と我々を案内した後、女性店員が表に看板を出しに行く。
中休みのない店だと思っていたが、一応あるのかもしれない。

005.JPG
まずはビールで乾杯だ。

001.JPG
料理はグランドメニューもあるが、白板メニューから注文することにする。

009.JPG
料理一品目はこの店の名物メニューであるあひるの醤油煮880円だ。
これが出て来たときから独特の異臭を放つ。
かなり以前に食べたときはそんなことなかったと思うのだが・・・。
食べてみると肉に臭みはないが、タレが甘ったるすぎてどうにもならない。
私もMさんも完全に箸が止まる。

011.JPG
なんとか箸を動かすために鉄板のなすの塩揚げ980円を注文する。
これは美味い。
何でこんな料理が980円もするのかよく分からないが美味い。
でも一度止まった箸が激しく動くには至らない。

015.JPG
ならばと焼き餃子580円だ。
皮はカリッと焼かれて美味いが、
なんとも小さいしあんが乏しい。

500mlの紹興酒をあけたところで、どちらともなく別の店に行こうと言い出す。
明るい内から飲み始めるのだからろくなことがない、と思おう。

鴻運 新店上海料理 / 新橋駅内幸町駅汐留駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.5

posted by こここ at 19:30| Comment(0) | 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。