2015年10月22日

キャラウェイ(平塚)…甘みと酸味の黒いカレー

キャラウェイ
今日は平塚で仕事だ。
平塚在住歴の長い友人のK君から、平塚はB級グルメの宝庫だと聞いている。
調べてみれば確かに行ってみたくなるような店がたくさんあるが、
かねてより気になっていたカレー店「キャラウェイ」に行ってみることにする。

キャラウェイ
14時過ぎに入店すると、全14席ほどの店内に客はおらず、
店を一人で切り盛りしている年配の女性が奥のテーブル席で食事をしている。
女性はあわてて食事をやめ、
「どうぞ、こちらに。」
とカウンター席に導いてくれる。

キャラウェイ

キャラウェイ

キャラウェイ
メニューを見る。
この店が気になっていたのは、メニューにロースカツ2枚のカツカレーがあるからだ。
私はトッピングの融通の利く店ではカツカレーにもう1枚カツをのせてもらったりする。
だから勿論、肉類のカレーロースカツ2枚1,080円を大辛で注文する。

キャラウェイ
湘南地区には行ってみたいカレー屋が多い。
この店と同店名だが無関係とされる鎌倉のキャラウェイや珊瑚礁、藤沢のシュクリア、
茅ヶ崎のブータンに平塚のepiceなどなど。
なんでこの地区に評判のいいカレー屋が多いのかはよく分からないが・・・。

キャラウェイ
さて、注文から10分ほどで出来上がってくる。

キャラウェイ
見た目にご飯の量がかなり多いことが分かる。

キャラウェイ
カツは肉の厚みが最大で0.8p、80gくらいのボリュームのものが2枚のる。
厚めのコロモは肉からは剥がれにくくなっている。

キャラウェイ
別皿に盛られたカレーはかなり黒めの色で、具として認められるのは挽肉だけだ。

キャラウェイ
食べる。
カレーは甘みと酸味が強く、恐らく野菜や果物が溶け込んでいるのだろう。
大辛は辛い物好きなら大したことないレベルで、甘みや酸味と辛味がよく合っている。
カレーの味がはっきりしているから、厚めのコロモのカツともよく合う。
それにご飯はかなり硬めに炊かれているのもいい。

キャラウェイ
「この店は初めてですか?」
「はい。」
「お口に合いましたらまた来てください。」
とてもお口に合ったのでまた来たい。
スパゲティも食べてみたい。

キャラウェイカレーライス / 平塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

posted by こここ at 15:33| Comment(0) | 神奈川県 平塚市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。