2015年11月02日

とんかつ 清水屋(池袋)…コロモが色も形も美しい

とんかつ 清水屋
休日のはざまの平日の今日は休みを取って池袋へ。
開楽のデカい餃子を目指していたが、山手線の中で気が変わる。
「とんかつ 清水屋」に開店時間の11時ちょうどに行く。

とんかつ 清水屋
店は全25席、調理の男性とフロアの女性の二人の店員で切り盛りされる。
全面喫煙可との情報があるが、11時から15時は禁煙と表示されている。

とんかつ 清水屋

とんかつ 清水屋
メニューを見る。
女性店員にカキフライを単品で注文できないか聞くと、2個からできると言われる。
上ロース定食1,200円ご飯少なめとカキフライ2個320円を注文する。

とんかつ 清水屋
卓上にはとんかつソース、醤油、辛子、食卓塩が置かれる。

とんかつ 清水屋
注文から12分くらいで出来上がってくる。
ロースかつとカキフライは一つの皿に一緒に盛られて出て来る。
ご飯少なめは忘れられたよう。
千切りキャベツは粗めに切られている。
味噌汁はとん汁だ。

とんかつ 清水屋
かつは肉が右端の片が一番厚く、最大で1.8pくらい、
肉だけで190gくらいのボリュームだ。
厚めのコロモは色が薄く、目が粗くて花が咲いたように見映えがいい。
開店直後で揚げ油がきれいなせいかもしれない。
おそらく120〜140度くらいの中温で揚げているのだと思う。
目黒のかつ壱に似たタイプだ。

とんかつ 清水屋
食べる。
赤身はやや淡泊だが脂身には甘さがある。
見た目の印象のせいか、コロモが厚くてもあっさりと食べられる。
ソースと辛子もいいが、醤油をほんのちょっとたらして食べる方が合う気がした。

とんかつ 清水屋
カキフライはこの時季にしては大きめだ。
何故か今シーズンはスタートから例年より牡蠣のサイズが大きいような気がする。
それに、しっかりと作られたタルタルソースがつくのがいい。
マヨネーズがついてくるとんかつ店がよくあるが、あれは興ざめだ。
食べてみれば旨味がしっかりあって厚めのコロモとよく合う。
この値段は良心的だ。

とんかつ 清水屋
以前から評判を聞いて来てみたいと思っていた店だが、
結果的にはコロモの美しさとコストパフォーマンスの高さが印象として残った。
上ロースかつ重とカニクリームコロッケも評判なのでいずれ食べに来てみたい。

清水屋とんかつ / 池袋駅東池袋駅東池袋四丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

posted by こここ at 13:48| Comment(0) | 豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。