2015年11月16日

味奈登庵(白楽)…富士山盛に囲まれて

味奈登庵
味奈登庵と言えば神奈川県ローカルの代表的な庶民派そば店である。
全16店舗は給仕のあるフルサービス店と食券制のセルフサービス店に分かれ、
もちろん両者で料金も違う。
この日はセルフサービスの白楽駅前店に行く。
味奈登庵

味奈登庵
(画像クリックで大きくなります。)
午前11時10分くらいに店に行く。
メニューは丼、温かいそば、冷たいそば、トッピングなど選択肢が豊富で、
店頭の券売機の前でしばし立ちつくしてしまうが、後客が来たので迷いを絶ち、
かけそば300円穴子天150円かき揚げ150円玉子50円の食券を買って、店内に入る。

開店からそれほど時間がたっていないのに、手前のカウンター席はほぼ満席だ。
ちょうど食べ終わった客と入れ替わりにカウンター席に座る。
よく見えなかったのだが、奥にも数席あるようだった。

先客に次々に品が運ばれる。
ほとんどの人が富士山盛という特大のもりそばを注文している。
その量たるや裕に5〜6人分はありそうで、それで料金は500円。
これがこの店の人気の源だ。
中には富士山盛にかつ丼をつけている強者もいる。

味奈登庵
注文から5分ほどで私の注文した品が出来上がってくる。

味奈登庵
かけそばは具はカイワレ大根のみで、ネギは無料でセルフで入れられる。
出汁ツユは酸味があってやや濃いめ、そばは軟らかめで歯応えがあまりない。
中延の大和屋にタイプが似ているように思う。

味奈登庵
かき揚げは人参、玉ネギ、春菊などが入り、きれいに丸く成形されている。

味奈登庵
穴子天は長さはあるが厚みはあまりない。
まあ150円だからそんなものだ。

味奈登庵
どちらもかけそばにのっけて食べる。

味奈登庵
最近は人気のある路麺店は天ぷらの種類が多い。
丼もそばも多様にカスタマイズできるのは魅力だ。
いずれ気が向いたら、冷やしとろろ山菜そばを食べに来よう。

味奈登庵 白楽駅前店そば(蕎麦) / 白楽駅東白楽駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9

posted by こここ at 12:48| Comment(0) | 神奈川県 横浜市その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。