2015年11月27日

華昌(平塚)…これはバカにできない

華昌
午前11時過ぎに平塚駅北口に降り立つ。
昼過ぎからの所用の前に昼飯を済ませておきたいが、
勝手知らない土地なので、どう探していいのか分からない。
フラフラと歩いていて、たまたま通りがかった大衆中華店「華昌」に入る。

華昌
全15席ほどの小さな店で、年配男性の主人と女性二人の店員で賄われている。
カウンターの端の席の年配男性一人客が、ビールを飲みながら店員と会話を楽しんでいる。
私の後に、やはり常連らしき若い男性一人客が入ってきて、店員と会話が弾んでいる。
この様子を見る限り、店員たちは気さくで、アットホームな雰囲気なんだろう。

華昌

華昌
メニューはいわゆる麺飯ものがメインの典型的な大衆中華店のそれである。
“おすすめ”と書かれたミソチャーシューメン930円と餃子を注文する。

華昌
「餃子は5個と3個がありますけど・・・」
注文するとすかさず女性店員からそう言われる。
その口調から、きっと餃子は1個がデカいんだと判断し、餃子3個300円を注文する。

調理は主に二人の女性店員の内の一人が行っている。
よくある、野菜を炒めた中華鍋に味噌スープを投入するタイプの工程ではない。
ゆで上がった麺を味噌スープに入れ、あらかじめ炒めてあったもやしをのせ、
さらにチャーシューとメンマをのせていく。

華昌
注文から7分ほどでミソチャーシューラーメンが出来上がってくる。

華昌
麺は味噌ラーメンによくある、黄色で太さが不均一の中太縮れ麺だ。
スープは濃厚というわけではないが、旨味があって麺と調和している。

華昌
肩ロースと思われるチャーシューは大判で5枚入っている。
強い特徴はないが、いい意味で普通に美味い。

華昌

華昌
嬉しいのはバターが無料で入れ放題なことだ。
1年ほど前にスーパーからバターが消えて大騒ぎになったことを思い出す。
私は味噌ラーメンには必ずバターをトッピングする(できる店では)。

華昌
ラーメンから約2分後に餃子が出て来る。
見事な羽根つき餃子で、予想通り1個が大きめだ。

華昌
あんは野菜が多めで、ニンニクは入っていないように思う。
卓上に置かれた“餃子のタレ”と辣油を合わせて食べたが、
この餃子には酢の酸味があまり合わないように感じた。

華昌
正直言って、全然美味くなさそうな店構えだと思った。
しかしミソチャーシューメンはもの凄く美味かった。
私はラーメン通でないし、今風の濃厚味噌ラーメンもあまり美味いと思わない。
だから、年に数回しかラーメンを食べないような人に是非お勧めしたい。
(結びが自信なし)

華昌ラーメン / 平塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

posted by こここ at 13:26| Comment(0) | 神奈川県 平塚市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。