2016年01月03日

Nirvanam(神谷町)…南インドの桃源郷よ永遠に

Nirvanam
2016年最初の外食ディナーは久々にNirvanamへ。
昨年は元旦も営業していたが、今年は1日だけ休んだのだという。

Nirvanam
予約の18時に店に行くとちょうど夕方の開店で、3組ほどの客と同時に入店する。
馴染みの店員さんがいないのに気づき、聞いてみるとインドに里帰りしているよう。
ちょっと寂しいが仕方ない。
グローバーというシラーズの赤ワインボトルを注文する。

Nirvanam
料理一品目は妻の好物のミックスド・ベジタブル・ドライ1,200円が出て来る。
インゲン、ヤングコーン、人参などにコロモをつけて揚げ、スパイスでマリネしたものだ。
コリアンダーやニンニクの味も加わり、辛さもほどよい。

Nirvanam
二品目はラヴァドーサ1,300円である。
セモリナ粉で作られたプレーンドーサだ。

Nirvanam
添えられたサンバル、ミントチャトニー、マイソールチャトニーをつけて食べる。

Nirvanam
さてここでカレーに移る。
まずは鉄板のチキン・ハイドラバディ1,400円だ。
この店のチキンカレーの中では最も辛い品で、更に辛くするようお願いしたが、
実際に出て来たものは拍子抜けするくらい辛くなかった。

Nirvanam
カレーのもう一品はマラバー・シュリンプ・カレー1,400円
ココナッツミルクが入るクリーミーでマイルドなカレーで、
いつものフィッシュでなく今日はシュリンプを選択した。

Nirvanam
主食はいつも通りケララポロタ300円である。

Nirvanam
どういうわけか、いつも通りの注文なのにこの日は全然食べきれない。
正直言って、カレーを注文する時点でだいぶお腹が満たされ気味だった。
齢のせいか、正月休みで胃が疲れていたか・・・。
或いは馴染みの店員さんの顔を見れずに気分がのらなかったか・・・。
春頃にまた来よう。

ニルヴァナムインド料理 / 神谷町駅御成門駅六本木一丁目駅


posted by こここ at 00:00| Comment(0) | 港区 虎ノ門、神谷町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。