2016年01月05日

カレー屋ジョニー(お茶の水)…衰退の一途をたどる

カレー屋ジョニー
私には愛する激辛カツカレーが二つある。
一つは品川プリンスのシェールの極々辛口カツカレーである。
もう一つはカレー屋ジョニーのカシミールカリー、ビックリロースかつのせだ。
前者はちゃんとメニューにある品だが、後者はない。
ジャンクさなら断然後者だ。
二年以上ぶりにお茶の水のカレー屋ジョニーに行く。

カレー屋ジョニー
午前11時、開店とほぼ同時に店に入る。
券売機の前に立ち、ビックリロースかつが無くなっていることに気づく。
店の人に聞くと、だいぶ前にやめてしまったらしい。
やむを得ずカシミールカリー880円ビックリチキンカツ340円をのせることにする。
ビックリチキンカツ単品の食券はないので、その分を現金で払う。
カレールー増し150円の食券も買う。

カレー屋ジョニー
代々木店が閉店になり、カレー屋ジョニーはこのお茶の水店だけになった。
代々木店は一時期牛焼きの店になったりして迷走していたから、
いずれなくなるだろうと思っていた。
代々木店にはビックリロースかつがなかったが、お茶の水店もそうなるとは・・・。

カレー屋ジョニー
注文から3分ほどで出来上がってくる。
カレー、ご飯、ビックリチキンカツがすべてセパレートされて出て来る。

カレー屋ジョニー

カレー屋ジョニー
ビックリチキンカツは面積は大きいがむね肉と思われる肉に厚みはない。
コロモはサクッとして油切れもよく、肉にしっかりはりついている。

カレー屋ジョニー
カレーはカシミールカレーらしく黒褐色で、鶏肉片が5個ほど入っている。
他にジャガイモも具として入っている。

カレー屋ジョニー
フォークとスプーンでこれらを合体させる。
千切りキャベツや卓上の玉ねぎのアチャールもこれに添える。
食べてみると、以前よりカレーの成分が薄くなっているような気がする。
悪名高きジャワカレースパイシーブレンドほどではないが、それに近い。
辛さはほどほど、激辛というほどではない。

カレー屋ジョニー
もともと完成度の高いカレーではなかったが、
かつては辛さと強いニンニク味がバリバリコロモの薄デカいカツとよく合ったのだ。
東京ではCoco壱番屋以外のカレーチェーンは成功していると言えないが、
この店もこのまま衰退してしまうのだろうか。

カレー屋ジョニー お茶ノ水店カレーライス / 御茶ノ水駅新御茶ノ水駅小川町駅


posted by こここ at 12:18| Comment(0) | 千代田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。