2016年01月06日

平和軒(武蔵小山)…ほのぼの、日本の大衆中華

平和軒
新年の仕事の挨拶回りで訪れた武蔵小山界隈をフラフラと歩く。
噂通り、駅の南側の飲食店が集まる路地は再開発を控えて立入禁止になっている。
じらい屋でチャーシューメンでも、と行ってみるが、まだ正月休みのよう。
そのはす向かいにある平和軒に入る。

平和軒
12時過ぎの入店でカウンターのみ全10席の店内に先客はガテン系4人ほど。
とても狭い先客の背中側を通って奥のカウンター席に座る。
店は年配の男女によって営まれている。

平和軒
メニューを見る。
後で調べるとチャーハンが一番評判がいいのだが、そんなことも知らず。
何となく気分で味噌ラーメン700円餃子500円を注文する。

「どうします?ニンニクは入れてもいいですか?」
と、すかさず主人から聞かれる。
一瞬餃子のことかと思ったが、味噌ラーメンの具に入れるかどうかを聞かれたようだ。
何となく勢いに押されて入れてもらうことにする。

平和軒
注文から10分ほどでまず味噌ラーメンが出来上がってくる。
具はもやし、ネギ、ニラ、豚肉片が認められる。

平和軒
麺は平打ちの中細麺で、食感はつるっとしている。
スープの味噌味はあまり濃くなく優しい味だ。
ニンニク味もそれほど強くない。

平和軒
2分ほど遅れて餃子が出来上がってくる。
やや大きめのものが5個、皿にのる。

平和軒
半分に割ってみると、中には豚挽肉がみっちりつまっている。
皮は厚めでニンニクもしっかり効いて、なかなか食べ応えのある餃子だ。

平和軒
同名店が五反田TOC裏や大崎警察署近くにあるが、血縁のある関連店であることは有名だ。
メニュー構成は大崎警察署近くの店が近いように思う。
いずれにしろ、今や都内から減りゆく日本の大衆中華の文化を守る店たちだ。
次回はチャーハンとワンタンでいきたい。

平和軒中華料理 / 武蔵小山駅西小山駅不動前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 13:23| Comment(0) | 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。