2016年01月22日

PEPPER'S DRIVE-IN(伊勢原)…アメリカンなドライブインはカレー専門店

PEPPER'S drive-in
平塚で昼の仕事を終える。
今日は朝からずっとカツカレーの気分なのだ。
できれば辛いのがいい。
車で伊勢原方面に北上し、「PEPPER'S DRIVE-IN」を目指す。

006.JPG
昼営業は15時までで14時45分の到着、店頭の“OPEN”の文字を見てホッとする。
ドアを開けて入ってすぐのカウンター席に座る。
左手にはテーブル席があり、4人組外人客が大声で騒いでいる。
そのほかにも数組先客がいて、この時間にしては盛況といえる。

001.JPG
伝票のような注文票とピンク色の蛍光ペンを渡される。
希望の品にチェックを入れて注文するシステムだ。
トンカツが通常350円のところこの日は190円になっている。
ラッキーだ。
カレー普通500円激辛100円、トンカツ190円×2にチェックを入れ、店員に渡す。

008.JPG
事前情報で知っていたが、店内にはアメリカンな小物が所狭しと置かれている。

010.JPG
ペッツディスペンサがたくさん並んでいるのは壮観だ。
この異様な空間はよくメディアでも紹介され、ドラマ等の撮影にも使われるそうだ。

014.JPG
カレーを注文すると無料でつくドリンクがまず出て来る。
その後、カレーが出来てはテーブル席に運ばれていく。
私が入店した際に8人ほどいた先客には誰にもまだカレーが提供されていなかったのだ。

016.JPG
カレーが出来上がってきたのが注文から25分後。
手際が悪いのか何かアクシデントがあったのか・・・。
気を取り直して食べる。

026.JPG
トンカツは1枚が肉だけで60g程度のボリュームなので2枚でもさほど多く感じない。
厚みも5r程度だが、やや厚めのしっかりしたコロモがつく。
高速道路のパーキングエリアのカツカレーのカツと大差ないレベルのものだ。

035.JPG
カレーはやや赤みを帯びているので辛味はカイエンペッパーでつけられていると思う。
具はまったく入っておらず、欲しければトッピングで入れろということだろう。
業務用カレー粉を溶いただけのものではなさそうだが、
カレースタンドなどによくあるタイプのオーソドックスなカレーだ。

039.JPG
これだけの内装だから一風変わったカレーを食べれるかと期待したが、
意外と普通過ぎて面食らった感じだ。
こういう普通のカレーを食べたくなるときもあるし、豊富なトッピングが面白い。
また来ることになるような気がする。

PEPPER'S DRIVE-INカレーライス / 伊勢原駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 16:21| Comment(0) | 神奈川県 平塚市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。