2016年01月27日

【閉店】HYDERABAD(五反田)…ビリヤニは食べ放題レベルではない

HYDERABAD
昨年秋に五反田に南インド料理の店ができたことは知っていた。
しかもランチはビュッフェで本格的なビリヤニもあるとの情報を得ていた。
行こう行こうと思いながら、その内すっかり失念してしまっていた。
14時半過ぎに山手線を五反田で降り、これから昼食を摂れるところを探し、
ヒットして思い出した「HYDERABAD」に行く。

HYDERABAD
店頭でランチビュッフェ1,200円であることを確認し、地下の店に行く。

HYDERABAD
約50席という店内に先客はない。
白を基調とした明るい雰囲気で、インド料理店らしくない内装だ。
時間が時間だけに、調理担当とフロア担当の二人のインド人店員しかいない。

HYDERABAD
ビュッフェ台に行く。
生野菜、パコラ、チキンビリヤニ、スパゲティナポリタン、トマトとチキン、
ダルカレー、野菜カレー、ナン、バスマティライス(白米)、デザート等が並ぶ。
ドリンクは冷たいお茶を店員がテーブルまで持ってきてくれる。

HYDERABAD

HYDERABAD
ビュッフェはとにかく炭水化物を摂り過ぎてしまうから、セーブして取る。

HYDERABAD
まず目を見張ったのがスパゲティナポリタンだ。
南インド料理屋なのになんで?と思いながらも取ってみたが、
微妙にスパイシーな味がして、それらしくなっているのが面白かった。

HYDERABAD

HYDERABAD
カレーはダルカレー、野菜カレー共にスパイスの複雑な味わいがして、
ビュッフェにしてはまずまずの辛さがあった。
特に野菜カレーは本格的で、具となる野菜も多彩だった。
いつまでも食べていたいと思うほど美味かった。

HYDERABAD
そして、特筆はやはりチキンビリヤニである。
バスマティライスが三色に染まっているのは本格的な証拠だ。
白色はそのまま炊いたもの、黄色はカレーで、オレンジ色はサフランで炊いたもの。
白色の米の割合が多くてオレンジ色が少なかったのはご愛嬌だが…

HYDERABAD
食べてみると、パラっとした食感もよく、期待通りの美味さだ。
クミンやクローヴがバッチリ効いている。
つけあわせにライタが用意されているのも本式だ。
三通りに炊かれたものを合わせているから、相当な手間だと思う。
これをビュッフェで出すのはすごい。

HYDERABAD
17時までランチビュッフェをやっているのは重宝しそうだ。
日によってはチキンティッカなども出るらしい。
ハイドラバード料理なら、ナンでなくポロタを出してほしいと思うのは贅沢か。
また来たい。

ハイデラバード五反田東京インド料理 / 五反田駅大崎広小路駅不動前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

posted by こここ at 16:26| Comment(0) | 品川区 五反田、大崎広小路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。