2016年03月10日

井田商店(荏原中延)…特醤油はまっ黒スープ

井田商店
13時過ぎ、荏原中延駅改札を出て正面の路地に入る。
多賀野に外待ち客の列がない!
店内の待ち客も5人ほどのよう。
そんな異常事態の多賀野を何の迷いもなく通り過ぎる。
今日はどうしても井田商店の気分なのである。

井田商店
木の引き戸を開けて店内に入る。
カウンターのみ全10席ほどの店内に先客は男性一人客が2名のみ。

井田商店
一人で切り盛りする強面の店主が作業する目の前の席に座り、メニューを見る。
背脂味噌にもの凄く惹かれる。
30秒ほど葛藤するが、ずっとこの店の醤油を食べたかったことを思い出し、
特醤油ラーメン950円を注文する。

井田商店
私は多賀野の中華そばが大好きで、世の中のラーメンで一番美味いと思っている。
でも多賀野よりも井田商店の醤油を食べたいと思うことがときどきある。
昨秋そんな気持ちになった時期があって、何度か店に来てみたが営業していなかった。
武蔵小山に姉妹店が出来てこちらは止めてしまうのかも、なんて思ったりしたが、
人づてに年明けは順調に営業していると聞いて、やってきたわけである。

井田商店
注文から7分くらいで出来上がってくる。
相変わらず色の濃いスープだ。
ほんの少々背脂が浮いている。
薄切りのロース煮豚チャーシュー4枚と味玉、青ネギ、メンマ、ナルトが具として入る。

井田商店
食べる。
中細の軽く縮れた麺はやや硬めに茹でられ、歯応えがある。
スープは見た目に反して塩加減は強くなく、醤油の甘い香りが効いている。
濃い醤油なら武蔵小山のじらい屋のスープもワイルドでいいが、
こちらはまろやかで上品さを感じる。

井田商店
チャーシューは以前はもうちょっと硬めだった気がするが、軟らかくて美味い。
特醤油のこのまろやかなスープならよく合うが、
背脂味噌ならもうちょっとワイルドなチャーシューがいいかも、なんて思った。

井田商店
特醤油ラーメンは多賀野を迷いなく通り過ぎても後悔なしの満足感だった。
つけ麺もとても美味かった記憶があるが、メニューに無かったのは一時的なのだろうか。
とにかく近々もう一度来て背脂味噌を食べたい。

井田商店ラーメン / 荏原中延駅中延駅荏原町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9


ラベル:ラーメン
posted by こここ at 15:34| Comment(0) | 品川区 戸越、中延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。