2016年04月06日

新橋ぎょうざ(新橋)…みのりなき独創性

新橋ぎょうざ
岡むら屋の合盛り牛めしを食べ終わり、すぐに隣の新橋ぎょうざに行く。
最初からそのつもりだったから岡むら屋では大盛にしなかったのだ。

028.JPG
「かつや」を営むアークランドサービスが「天丼あきば」を引っ込めて出店する
餃子専門の新業態店なのだそうだ。
後で調べれば「岡むら屋」もアークランドサービス運営店のようだ。

新橋ぎょうざ
餃子は基本のしろ餃子と、ニンニク・ニラ醤油が添えられる新橋ぎょうざがあり、
それぞれ焼き、蒸しを選択できる。
単品の新橋ぎょうざ・焼5個590円の食券を買う。

新橋ぎょうざ
10時10分過ぎの入店で、カウンターのみ全24席の店内に先客は2人のみ。

新橋ぎょうざ
卓上にはいかの塩辛が置かれる。
これは何となく理解できる。
そもそも餃子は炭水化物、タンパク質、野菜が一体となる完全食だから、
これをおかずにご飯を食べるというのには、私は抵抗がある。
でも餃子は餃子、ご飯は塩辛で食うというのであれば、その抵抗は解決する。

新橋ぎょうざ
食券を店員に渡してから2分で餃子が出来上がってくる。

新橋ぎょうざ
11pの巨大餃子という触れ込み通りの見映えだ。
合盛り牛めしを食べた後でこんなにデカい餃子を5個も食えるのか、と不安になる。

新橋ぎょうざ
但し、箸で持ち上げてみればあまり厚みというか奥行きというか、
つまり中身がつまっているようなボリューム感がないのが分かる。

新橋ぎょうざ
食べてみると、肉汁などのツユがほとばしることはない。
しろ餃子の状態ではかなりパンチに欠ける味わいだ。

新橋ぎょうざ
じゃあニンニク・ニラ醤油を添えればパンチが増すかというと、そうでもない。
中国では餃子にニンニクが入っておらず、ニンニクがほしい人は餃子に添えて食べる、
と聞いたことがあるが、
やはりニンニク味は添えて加えるよりも中身のあんについている方が断然美味い。
ニンニク有、ニンニク抜き、両方を効率よく出すために思いついた食べ方なのだろう。
価格高騰で話題になっているもやしだが、ここではあまり必要ない。

新橋ぎょうざ
来年あたりには違う業態になっていそうだ。

新橋ぎょうざ 本店餃子 / 新橋駅内幸町駅汐留駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

ラベル:餃子
posted by こここ at 12:39| Comment(0) | 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。