2016年04月07日

すき家のメガ牛丼初体験

すき家
三大牛丼チェーンの中では、私はすき家が一番美味いと思う。
吉野家が一番という人が多い。
私もかつてはそうだったが、5年くらい前にすき家が抜いた。
今日は藤が丘のすき家でメガ牛丼を食べる。

すき家
午前11時半、店内にまだ客はまばらだ。
店員は厨房に一人、フロアに一人、共に女性だ。
メガ牛丼730円を注文すると、特に何の反応もなく注文が通る。

ものの1分でメガ牛丼が出来上がったのが分かるが、
フロアの女性店員は反応しない。
明らかに出来上がったメガ牛丼の前を通り過ぎて、別の作業をする。
絶対にメガ牛丼が出来上がっていることが分かっている筈だ。
にもかかわらず、台拭きをたたむなど、今やる必要のない作業をしている。

頭にきたので、自らメガ牛丼を取りに行くためにカウンターを超えようとする。
それに気づいた女性店員は、あわてて牛丼を手に取る。
やはり確信犯だ。
すき家だけにホールドアップみたいな事件が起こるワケがよく分かる。

すき家
メガ牛丼はご飯が大盛で肉が並の3倍だ。
ご飯も3倍なら糖質制限上よくないが、肉はいくら食べても大丈夫。

すき家
さすがにウワモノの量はすごい。
やや苦労したが、無事平らげた。
食べログをやっていると、すき家のような広域チェーンにはなかなか来れなくなる。
すき家だけで何件もレビューを上げている情けない人もいるけど…
私はそうしたくない。
だから久々にすき家の牛丼を思いきり食べれて嬉しい。
posted by こここ at 12:22| Comment(0) | 神奈川県 横浜市青葉区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。