2016年04月27日

とんかつ まるや(新橋)…試練のとんかつ五番勝負その3

とんかつ まるや
不本意だ。
とんかつ五番勝負三日目の店は第一候補、第二候補まで決めていたのだが、
そもそも昼飯など食う時間もないほど忙しくてパスせざるを得なかった。
夜は新橋で19時半から飲み会だ。
五番勝負を途切れさせるわけにはいかない。
19時過ぎに新橋駅に着き、まるや新橋駅前店に駆け込む。

とんかつ まるや
カウンターのみ全15席の小さな店内は盛況で、空席は3席ほど。
客はほぼ男性一人客のみで、ガテン系とサラリーマンが半々くらいだ。

とんかつ まるや
時間がないので何も考えずに限定厚切りロースかつ定食1,300円を注文する。

とんかつ まるや
2005年夏に出来た頃にはそのハイCPぶりがとんかつフリークの間で話題になった。
その後支店が次々に出来、一大とんかつチェーンというまでになった。
その後の山家グループの出現はまるやの存在抜きには語れないだろう。
因みに私は烏森口店有楽町店に行ったことがある。

とんかつ まるや
入店が19時10分、出来上がってきたのが19時22分。
やばい、飲み会の集合時間まで8分しかない。
ご飯はあらかじめ少なめでお願いしている。

とんかつ まるや
かつの肉は厚みが最大で1.8pくらい、170〜180gくらいのボリュームだと思う。
有楽町店や烏森口店の方が明らかに肉が大きい。
断面を見ると場所によって厚みにムラがあり、切れ目が暴れている。
脂身はそれなりに全体についているようだ。
コロモがやや赤いので糖度の高いパン粉を使っているのだろう。

とんかつ まるや
食べてみると、肉はやや淡泊だが、臭みやスジばったところはない。
脂身は舌にまとわりつかず、赤身もパサつきはない。
1,300円ならまあまあのクォリティとは思うが、
烏森口店、あるいはもうちょっと歩いて有楽町店まで行った方が、
絶対に満足感は高いだろう。

とんかつ まるや
なめこの赤出汁が美味くてついおかわりしてしまった。
会計を済ませたのが17時35分。
やばい。
飲み会より五番勝負を優先させる自分に嫌悪感を感じる。
走って新橋駅前ビル2階のバルを目指した。

とんかつ まるや 新橋駅前店とんかつ / 新橋駅汐留駅内幸町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 18:35| Comment(0) | 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。