2016年04月28日

長八(日ノ出町)…試練のとんかつ五番勝負その4

長八
24時間営業のとんかつ屋って恐らく松乃家とここしかないのではないか。
かつやも7時から開いている店舗はあるがさすがに24時間営業店はない。
すき家でも深夜営業をやめた店舗があるくらいのご時世だ。
せっかく24時間営業店なんだから、普通のランチタイムに行きたくない。
午前10時40分に伊勢佐木長者町の「長八」に行く。

長八
店に入ってみるとかなり広く、落ち着いた居酒屋のような雰囲気だ。
実際にテーブル席ではガテン系の3人組男性客が酒盛りをしているし、
カウンター席でも日本酒の徳利を傾けている年配の男性客がいた。
午前11時から店内禁煙になると店員に言われて、
慌ててチェーンスモークする困った客もいた。

長八

長八

長八
とんかつ屋であり居酒屋であり、という店だからメニューは豊富だ。

036-c3865.jpg
(画像クリックで大きくなります。)
周囲を見渡すと、朝定食を食べながらお酒を飲んでいる客が多い。
もちろん時間によって注文できる品の制限はない。
上ロースかつ定食2,030円を味噌汁をとん汁に変更+50円で注文する。

長八
卓上にはとんかつソース、和辛子、醤油、七味唐辛子、食卓塩が置かれる。

長八
注文から8分ほどで出来上がってくる。
とん汁は煮立てた後によそわれたようで表面が泡立っている。

長八
かつの肉は厚みが最大で1.8pくらい、170gくらいのボリュームだと思う。
脂身はそこそこ全体についている。
目の粗いコロモは赤みがかっていて糖度の高いパン粉が使用されているよう。
肉からは若干剥がれやすくなっている。

長八
食べてみると、赤身は軟らかくてそれなりに旨味があり、脂身も甘い。
思わず店内を見回して、銘柄豚の表示がないか探したくらいだ。

長八
“ご飯、キャベツ、味噌汁お替り自由”の表示があったのでとん汁もできるか聞くと、
「とん汁一丁!」
の掛け声とともにすぐに別容器でとん汁が運ばれてくる。
てっきり無料なのかと思っていたが、会計時にしっかりプラス50円取られていた。

長八
とんかつは美味かったが、このボリュームで2,000円超は高い。
24時間営業はランニングコストがかかるのかもしれない。
あと20分くらい待てば、近隣でもうちょっとリーズナブルなとんかつを食える。
五番勝負がなければ朝定食に飛露喜が正解だったかも、と思いつつ、
会計をして、所用のため横浜スタジアム方面に向かった。

長八 長者町店とんかつ / 日ノ出町駅伊勢佐木長者町駅関内駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

posted by こここ at 12:08| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。