2016年04月30日

ぽん多本家(御徒町)…試練のとんかつ五番勝負その5

ぽん多本家
とんかつの起源には諸説あるが、その中の一つに、
“昭和4年頃、御徒町の「ポンチ軒」にて島田信二郎なる人が、
ウィンナーシュニッツェルをヒントに箸で切れるカツレツを考案した。”
という説がある。
その島田氏が創業したという「ぽん多本家」に行く。

ぽん多本家
土曜日、午前10時50分頃に店に行くと、既に店頭に二人組客が並んでいる。
その後ろに立っていると、私の後に次々に客が並び、10人ほどの列ができる。
11時きっかりに主人が出てきて、順番に店内に導き入れられる。
一人客は1階の厨房に面したカウンター席に案内される。

ぽん多本家
メニューを見る。
ぽん多はとんかつ屋として紹介されることが多いが、本来は洋食屋であり、
とんかつ類はメニューには“カツレツ”一つしかない。
もちろんそのカツレツ2,700円ご飯・赤だし・おしんこ540円を注文する。
因みに、20年ほど前に一度来たときにはメニューに値段の記載がなかった筈だ。

ぽん多本家
すぐに主人がお茶、おしぼりとスポーツ新聞を持ってきてくれる。
とても腰の低いこの主人を含め、熟練職人的な雰囲気の三人の男性で厨房は賄われている。
テーブル席が並ぶ二階フロアには配膳担当の店員がいるのかもしれない。

ぽん多本家
卓上にはウスターソース、和辛子、塩、ハインツのトマトケチャップが置かれ、
醤油は頼むと持ってきてくれる。

ぽん多本家
注文から14分ほどでカツレツと食事セットが出来上がってくる。

ぽん多本家
低温揚げのかつのコロモは淡いきつね色、見事な美しさだ。
久々の低温揚げかつだから胸躍る。

ぽん多本家
食べる。
分かってはいたが、脂身は完全に削ぎ落とされ赤身だけのロース肉である。
赤身だけでここまで旨味があって軟らかいかつは確かに見事だと思う。

ぽん多本家
しかし、よく言われる、ジューシーとかしっとりという感じはない。
脂身感が全然ないから、サシが全く入らない赤身肉を使っているのだろう。
世に脂身だらけのとんかつを出す店が有難がられていることに疑問は感じるが…。
肉は厚みが最大で1.5p、おそらく150gはないのではないかと思う。

ぽん多本家
名物のいものフライは正直どうでもいい。

026.JPG
しかしなめこの赤だしとしっかり漬かったおしんこはもの凄く美味かった。

ぽん多本家
さて、冒頭のとんかつの起源の説だが、
ぽん多の創業は明治38年で、昭和4年よりも前のことになる。
島田氏はぽん多創業後、何らかの理由でポンチ軒に雇われで働いていた可能性があるらしい。
詳しく調べてみたら面白そうだ。

ぽん多本家とんかつ / 上野広小路駅上野御徒町駅御徒町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 12:20| Comment(0) | 台東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。