2016年05月03日

ヒラクヤ オステリア(緑ヶ丘)…北海道食材のカジュアルイタリアン

ヒラクヤ オステリア
GW中はIKEAでチェストが20%引きとの情報を得て、
憲法記念日の今日、朝から港北店で組み立て式のチェストを購入。
帰宅後、妻と数時間かけて組み立てた。
妻の方が手先が器用なので主に妻が組み立てた。
寂しいけど私はねじなどの部品を渡したり板を支えたりする補佐だ。
3時間くらいかけて完成後、夕方に緑ヶ丘の「ヒラクヤ オステリア」に行く。

ヒラクヤ オステリア
予約の17時半に店に着くとすぐに2人用のテーブル席に案内される。
お洒落な内装に加えて緑道に面した外の眺めもよく、とても雰囲気のいい店だ。
我々は一番乗りだったが、すぐに家族客や年配の女性グループ客が入ってきた。

ヒラクヤ オステリア

ヒラクヤ オステリア
ドリンクはいきなりスペインの赤のボトルを注文する。
テンプラリーニョでミディアムボディ、香りが良くまあまあ美味かった。

ヒラクヤ オステリア ヒラクヤ オステリア ヒラクヤ オステリア ヒラクヤ オステリア
(すべて画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。
オステリアというからにはイタリアンなのだろうが、
パスタにはまったくおすすめマークはついておらず、
イタリアンっぽい品に混じって日本食や中華料理のような品もあるようだ。

ヒラクヤ オステリア
料理一品目はメニューに本日のイチオシと書かれたホウレン草のサラダ980円+税だ。
北海道産というほうれん草は食感が硬く、タイのカナー菜のよう。

ヒラクヤ オステリア
二品目はオステリア風ギョウザーニャ890円+税、楽しみにしていた品だ。
餃子とラザニアを融合させたような料理を勝手に想像していたが、
普通の中華の餃子にラタトゥイユ風トマトソースをかけてチーズ焼きしたものだ。

ヒラクヤ オステリア
「普通の餃子なんですね。」
「はい、北海道の食材にこだわった餃子なんです。」
ニンニクが効いている感じがしたから、北海道なら行者にんにくかと思ったが、
違うのだそうだ。
ただ、この店はどの品も北海道食材にこだわって作られているよう。

ヒラクヤ オステリア
ならばとチキンザンギ890円+税を注文する。
ムネ肉使用でヘルシーとの記載だが、そこそこ皮がついていた。
コロモはパリッとしていた。

ヒラクヤ オステリア
メインはどろ豚コンフィーのポークジンジャー1,780円+税である。
北海道産どろ豚の肩ロースを低温油でゆっくり加熱し、
特製ジンジャーソースでソテーしたものだという。

ヒラクヤ オステリア
食べてみると肉はとても柔らかくて旨味があるが、ソースが甘すぎる。
肉は200gとの表記だが、コンフィする前の重量ではないかと思う。

ヒラクヤ オステリア
会計は二人で9,440円。
メニューのどこにも記載はないが料金は税抜表示なので注意が必要だ。
料理の味はまずまずだったが、どの品もポーションが小さめだった。
静かにおしゃべりをするお洒落で小食の女子グループに向く店だと思った。
キッチンに面したカウンターがあるので、一人で来るのもよさそうだ。

ヒラクヤ オステリア居酒屋 / 緑が丘駅奥沢駅大岡山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 21:35| Comment(0) | 世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。