2016年05月14日

Les Jardin des dodine(大門)…オデリス3号店は野菜がウリ

Les Jardin des dodine
GW初日の晩、Aux delices de dodineで食事した際に3号店ができたことを知る。
聞けば、1号店、2号店よりも野菜にこだわった店なのだという。
興味が湧かないわけがない。
帰宅後にすぐに予約をし、土曜のこの日、妻と店に行く。


Les Jardin des dodine
予約の18時に店に行くと、出迎えてくれたのは2号店のフロア係だった女性だ。
ワインの知識が豊富で料理のボリュームなども的確に教えてくれる、信頼できる店員だ。
先客はなく、RESERVEの札が置かれた4人用テーブル席に導かれる。
1号店や2号店よりも落ち着いた雰囲気の店内だ。

Les Jardin des dodine
ワインはコート・デュ・ローヌの赤のボトルで5,500円のものを勧められる。
葡萄はグルナッシュ、シラーなどで、果実味が強くとても香りが良かった。

Les Jardin des dodine

Les Jardin des dodine
メニューは2号店によく似ている。
店員さんによれば、シェフが東松山に畑を持っていて、
自ら生産した野菜を使った料理がウリなのだという。
ボリュームは3店の中で一番おとなしめだと言われる。

Les Jardin des dodine
料理一品目は田舎風豚肉のパテ950円+税だ。
オリーブのマリネ、野菜のピクルス、水菜が添えられる。

Les Jardin des dodine
出てきた瞬間に、確かにボリュームは他の2店よりおとなしめかも、と思う。
でも二人なのだからこんな程度で十分だ。
レバーのクセがしっかり効いたパテだった。

Les Jardin des dodine
お通し代わりのパンが出る。

Les Jardin des dodine
二品目は三平畑のジャルダン風サラダ1,250円+税である。
こだわりのサラダは名前を聞いたことがないような珍しい野菜が満載。
野草を食ってるんじゃないかと思うような痛烈に苦い植物も含まれていた。
ビーツのソースの彩りがよかった。

Les Jardin des dodine
メインは豚肩ロースのロースト1,890円+税である。
我々は1号店に3回、2号店に2回行っているが、その経験から、
このグループではメインは豚のローストを食べるのが正解だと確信している。

Les Jardin des dodine
確かに先の2品はボリュームがおとなしめだと思ったが、
この品は1号店にも2号店にも劣らずしっかりとしたボリュームである。
ローストされた野菜が添えられ、他店とは違った趣がある。

Les Jardin des dodine
会計は二人で11,430円。
量的に、我々夫婦にはこの店が一番ちょうどいいのかもしれない。
と言いつつ、帰宅後すぐに、一番ボリュームのある2号店を予約してしまった。
メニューの豊富さなら1号店、ボリュームなら2号店、野菜は3号店、
うまく使い分けて長くつきあっていきたいと思う。

Les Jardin des dodineフレンチ / 大門駅御成門駅浜松町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7

posted by こここ at 21:48| Comment(0) | 港区 浜松町、大門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。