2016年06月14日

味噌壱(螢田)…小田原東IC近くの味噌ラーメン店

味噌壱
最近、昼飯の場所をあらかじめ決めていることが少ない。
通りがかりで目についた店に入ることばかり。
この日も、すき家でもいいや、なんて思いながら車を走らせていて、
たまたま通りがかった小田原東IC近くの「味噌壱」に行く。

味噌壱
(画像クリックで大きくなります。)
味噌ラーメンが看板メニューで、赤味噌、合わせ味噌、辛味噌の選択肢がある。
辛味噌チャーシューめん930円バター100円の食券を買う。

味噌壱
13時10分くらいで全22席の店内に先客は3人。

味噌壱
カウンター席に座り、女性店員に食券を渡すと、辛味噌の辛さを聞かれる。
辛味を5段階から選べる、と壁に表示があり、通常の0番でもそこそこ辛いという。
2番の大辛を選択する。
平日ランチタイムは麺1.5倍の大盛が無料と言われるが、普通盛にしてもらう。

味噌一というラーメン屋が都内に何店かあるし、平塚市に味の味噌一という店がある。
この店はそれらとは全く関係ないようだ。
後で知ったが、このすぐ近くに小林屋という味噌ラーメン専門の人気店がある。
私はあまりいいラーメン喰いではないが、味噌ラーメンは好きなので、
最近首都圏で味噌ラーメン専門店が増えているのはありがたいことだ。

味噌壱
注文から4分ほどで出来上がってくる。

味噌壱
5枚のチャーシューと輪切りのネギが表面を覆う。
もやしは適度な量であまり多くなく、他に玉ねぎ、ワカメ、メンマが具として入る。
追加トッピングのバターは、これで100円取るの?っていう大きさだ。

味噌壱
麺は黄色い縮れ麺で味噌ラーメンによく使われるタイプだと思う。
スープはそこそこの濃厚さで辛味も適度、もう1段階辛くても楽々イケそう。
バタートッピングがなければコクがちょっと物足りなかったかもしれない。

味噌壱
チャーシューはオーソドックスな煮豚ロース肉だった。

味噌壱
私以外の三人の客は皆、台湾まぜそばを食べていた。
例年よりも夏が早く、暑くなれば味噌ラーメンは気分ではないのかもしれないが、
私は真夏でもラーメンなら味噌ラーメンを食べる。
近くの小林屋も試して、比較してみたい。

麺屋 味噌壱ラーメン / 螢田駅鴨宮駅五百羅漢駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 16:27| Comment(0) | 神奈川県 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。