2016年07月05日

勝漫(淡路町)…かつ丼の店なのか

勝漫
今日は久々にとんかつの気分だ。
なんとなく思い立って、神田淡路町の人気店「勝漫」を目指す。
10年ほど前に大かつ丼を食べて以来の訪問である。

勝漫
午前11時ちょっと前、やまいちの前には開店を待つ若い男性の姿がある。
勝漫には外待ち客はなく、11時ちょうどに女性店員が暖簾をかける。
一番乗りで入店する。

勝漫

勝漫
カウンター席の一番奥に座り、メニューを見る。
特ロースかつ定食2,200円に決める。
単品串カツやミニメンチも迷ったが、最近食べれる量に自信がなくやめておく。

勝漫

勝漫
昨年やまいちに行った際には開店から15分で満席になり外待ち客が現れた。
しかしこの店に滞在した約30分間で訪れた後客は年配男性一人だけだった。

勝漫
卓上には特製ソース、醤油、七味唐辛子、アルペンザルツ岩塩、ローズソルト、
柚子ドレッシングとフレンチドレッシングが置かれる。

勝漫
待っている間、メニューの裏に書かれた“先代からの手紙”を読む。
曰く、揚げ手が自身の目利きでその日仕入れた国産もち豚のみを使用、
コロモは生パン粉、卵はヨード卵、揚げ油は綿実油のみを使用、
低温でゆっくり揚げる、というのがこの店のこだわりのようだ。

勝漫
注文から13分で出来上がってくる。
なめこの赤だし、香の物がつく。
ご飯はあらかじめ少なめに盛ってもらっている。
ご飯、キャベツ、味噌汁などのお替りの記載はどこにもないから有料と思われる。

勝漫
肝腎のかつは、えっ!と思うくらい小さい。
肉の厚みは最大で1.5p、肉だけで130〜140gくらいのボリュームだ。
以前ほど食べれなくなったとしても、とても寂しい気持ちになる。
コロモは目が粗く厚めで、肉には張りついているが油切れはよく、
恐らく低温揚げというよりはやや高めの中温くらいで揚げていると思う。

勝漫
食べてみると、赤身と脂身がはっきり分かれた肉であることが分かる。
赤身にはもち豚らしい旨味があるが、端にたっぷりついた脂身はやや重く、
すっと溶けずに口の中に残る感じがする。

勝漫
2,200円でこのかつならはっきり言ってやまいちとは決着がついている。
やまいちに行列ができていてやむを得ずこの店に来るのなら、
大かつ丼を食べるべきかもしれない。
もっともやまいちにも裏メニューで特ロースかつ丼があるようだが。

勝漫とんかつ / 淡路町駅小川町駅新御茶ノ水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 12:37| Comment(0) | 千代田区 神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。