2016年07月09日

銀座テルミニ(東銀座)…楽しみはうつろいゆく

銀座テルミニ
約2ヶ月も間が空いてしまったのは特に理由があるわけではない。
今晩は久々のテルミニだ。

銀座テルミニ
予約の17時半に店に行くと、いつもの小さなテーブル席以外は満席の大盛況。
「今日はなんかすごいじゃないっすか。」
「あれ?いつもこんな感じじゃなかったでしたっけ?」
店長の軽口が飛んでくる。

銀座テルミニ
いつも通り、地下の“せせらぎ”でワインを選ぶ。
今日はトレ・イコーネという赤を選択する。
前回もそうだったが、3,000円台中盤のリーズナブルな赤が大ヒットする。
3つの州の葡萄を合わせた反ヴィンテージの掟破りワインだが、飲み応え抜群だった。

銀座テルミニ

銀座テルミニ
今日の料理一品目はフルーツトマトと桜エビのサラダ980円である。
トマトが甘い。
ソースの感じもよく、桜エビに生臭さもなくてとても美味い。

銀座テルミニ
食べ放題のパンが出て来る。
妻曰く、
「いつもとパンの種類が違う…」

銀座テルミニ
2品目はメインからマンガリッツァ豚のロースト2,180円が出て来る。
リヨングループの豚肉と言えば梅山豚だが、ハンガリーの国宝を使ってきた。

銀座テルミニ
セルバチカの葉をよけるとマンガリッツァ豚が現れる。
赤身を噛みしめるとギュッと旨味が口いっぱいに広がり、
脂身にも文句なしの甘さがある。
梅山豚は焼きより煮込みがいいが、この豚肉のローストはケチのつけようがない。

銀座テルミニ
ここでいつも通り、サービスの惣菜が出て来る。
ズッキーニのアーリオオーリオと万願寺唐辛子を炙ったもの。

銀座テルミニ
〆のパスタはあさりとマイタケのスパゲティ1,450円を選ぶ。
この店のオイル系のパスタはいつも絶品だ。

銀座テルミニ
さて、楽しいひと時を終え、会計をして店を出ると、馴染みの店員さんから、
「お店を辞めることになった。」
と言われる。
この店に来始めて4年くらい。
最初によくしてくれた女性店員さんが辞めたときも寂しい気持ちになった。
一つのお店と長くつきあおうと思うと、こういうことは避けられないんだろう。
その店員さんは是非成功してもらいたいし、新たにいいスタッフが加わってほしいとも思う。

テルミニイタリアン / 東銀座駅銀座一丁目駅銀座駅

夜総合点★★★★ 4.5


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。