2016年07月13日

山家(上野広小路)…ハイCPとんかつ店の雄だが

山家
まるやに山家系、広域チェーンならかつや松乃家
独立系の六九三是食堂豚珍館に岩本町、東日本橋のはしや、新橋のかつ蔵
ハイコストパフォーマンスとんかつ店の選択肢を思い浮かべる。
今日向かったのは上野広小路の山家である。

山家
開店直後、午前11時ちょい過ぎの入店で、1階カウンター全10席に空席は2席。
平日でこの出足はさすがの人気店である。
私の後も続々と客が訪れ、11時15分頃には2階も含めて満席となった。

山家

山家
メニューは壁に掲示されているのみ。
上ロースかつ定食1,200円と単品アジフライ190円を注文する。

山家
注文から10分ほどで出来上がってくる。
アジフライはロースかつと同じ皿に盛られてくる。
しじみの味噌汁と大根の漬物がつく。
ご飯はあらかじめ少なめで注文している。

山家
上ロースかつは肉の厚みが最大で2p、肉だけで180gくらいのボリュームだと思う。
断面は薄らピンクで切れ目に乱れがない。
食べてみると、自分の舌がおかしくなったのかと思うくらい旨味を全く感じない。
赤身はなんだかスカッと抜けたような、冷凍食品のとんかつみたいな味だ。
(そんなの食べたことないけど…)

山家
右端の二切れにはたっぷりと脂身がのっている。
舌にまとわりつくような重たさはないが、甘みも感じない。

山家

山家
アジフライは1尾を食べやすいように半分にカットされている。
190円にしては身が厚く、それなりに美味かった。
串かつの単品注文が出来ればいいのに、と思った。

山家
人気の源は明らかにコストパフォーマンスだろう。
客のほとんどは750円のロースかつ定食を食べている。
なまじ上ロースなんかを頼むから満足感が低くなってしまうのかもしれない。
750円のロースかつで値段なりの満足感を得るべき店なのだろう。

山家 上野店とんかつ / 上野御徒町駅上野広小路駅御徒町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 12:35| Comment(0) | 台東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。