2016年07月24日

BAYらっきょ(馬車道)…ハマスタ観戦前にスープカレー

BAYらっきょ
今日は約1ヶ月ぶりのハマスタDeNA戦観戦だ。
試合開始は17時半。
15時半に馬車道駅で妻と待ち合わせ、
スープカレーの店「BAYらっきょ」で腹ごしらえだ。

BAYらっきょ
地下の店に行くと、全66席の店内はアメリカンパブの様な雰囲気だ。
時間が時間だけに客は数人のみ。
広い4人用席に座る。

BAYらっきょ

BAYらっきょ
メニューを見る。
事前調査で、スープカツカレーがメニューにあることを知っていた。
これまで幾度かスープカレーの店でカツカレーを食べて痛い目にあってきたが、
メニューにあるとどうしても避けることができない。
私は三元豚のロースカツカレー1,800円を、店おすすめの辛さの激辛で注文する。
ご飯は別料金とのことで中ライス300円もあわせて注文する。

BAYらっきょ
別途注文したスパイシーミックスサラダ800円が注文から3分ほどで出て来る。
レタス、ブロッコリー、カリフラワー、トマトなどが入る。
スパイシーというがそれほど辛さはなく、サッパリとしてまずまずだった。

BAYらっきょ
注文から13分でまず妻のチキンカレー800円+オクラ100円+中ライス300円が出る。

BAYらっきょ
トッピングのオクラを除けば、具は基本のジャガイモ、ピーマン、人参、ゆで卵、
これに鶏の骨付きもも肉が入る。

BAYらっきょ
その1分後に私のロースカツカレーが出来上がってくる。

BAYらっきょ
チキンカレーと同様、ジャガイモやピーマンなどの基本的な具は入っている。

BAYらっきょ
カツはメニューには200gと表示されていたが、それに近いボリュームはある。
肉の厚さは最大で1.8p、肉だけで180gくらいのボリュームだろう。

BAYらっきょ
はっきり言って、これだけのボリュームのカツに対し、カレーは弱い。
もっと濃厚でまったりとした食感のカレーでないとこのカツには合わない。
そもそも一般的なスープカレーにはカツは合わない、とあらためて確信した。
ナスやピーマンの素揚げが一番合う。

BAYらっきょ
スープカレーの店に来てもいつもカツカレーに反応してしまう自分が情けない。
スープカレーはカレーライスではない。
それよりはむしろとん汁定食の方が近い。
そしてスープカレーは何故かどの店もコストパフォーマンスが低い。
私も妻もご飯がたっぷり余った。

BAYらっきょ
さてさて、ハマスタ観戦。
この日はベイスターズは巨人にこてんぱんにやられた。

BAYらっきょ
我々が見に行くと、絶好調の筒香は何故か打てない。

べいらっきょスープカレー / 馬車道駅関内駅桜木町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 18:40| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。