2016年08月12日

なかめのてっぺん(品川)…ある日のろばた焼き店、記憶なし

なかめのてっぺん
元気のない旧友K君を励まそうと品川まで呼び出しての二人飲み会だ。
品川って本来行動半径内なはずなのだが、あまりいい店を知らない。
高輪口にはあまり気の利いた居酒屋はなさそう。
いろいろ調べて、港南口のなかめのてっぺんに行く。

008.JPG
17時の開店と同時に入店。
もちろん先客はなく、焼き台の目の前のカウンター席に導かれる。
まずはビールで乾杯したりして、そのあとサワー、そして日本酒へと行くのだが、
この日は最終的にかなり酔いが回り、あまり細かいことは覚えていない。
(じゃあレビュー書くなよって感じだが…)
残っている写真をたどれば、食べたものは以下の通り。

001.JPG
お通しのハマグリの酒蒸し。
コンロで火が通り、次々に貝殻が開くので急いで食べる。

003.JPG
磯盛り1,380円+税(お造り盛り合わせ)。
平政、イサキ、鰹、真鯛、鰆というラインナップ。

010.JPG
十六とうふあつあげ600円+税
外側のカリッとした食感が独特で、この日一番美味かった。

012.JPG
鮭はらす焼き600円+税

016.JPG
大山鶏もも塩焼680円+税
最近、どんな店でも大山鶏使うのね。

023.JPG
海老と茄子のアヒージョ、値段不明

022.JPG
而今だの新政だの南部美人だのでこの日の記憶はきれいに洗い流され、
どうやらこの後もう一軒行ったらしいことも全く覚えておらず、
正気に戻ったのは翌日朝の自宅の布団の上であった。

なかめのてっぺん 品川ろばた焼き / 品川駅北品川駅天王洲アイル駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

posted by こここ at 22:26| Comment(0) | 港区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。