2016年08月15日

四季煲坊(新橋)…魅力的メニューが多い大衆香港中華

四季煲坊
朝の仕事を終えて内幸町から新橋駅方面に歩く。
ランチはタオの唐揚げが気分だったが、開店時間までまだ30分ほどある。
たまたま通りがかった四季煲坊がちょうど営業中の札がかかったところで、
久々、約3年ぶりに入店することにする。

四季煲坊
午前11時過ぎ、開店直後だから先客はなく、4人用テーブル席に座る。
壁一面に写真入りの一品メニューが貼られ、芸能人のサイン色紙も飾られている。
雑誌の切り抜きやテレビの画像写真も貼られ、よくメディアで紹介されるようだ。

四季煲坊
すぐに中国人と思われる若くて可愛い女性店員がランチメニューを持ってくる。
3年前はチンジャオロースのあんかけ鉄板焼そばを食べてとても美味かった
しかし今朝の体重計の値から、今日はちょっと炭水化物を控えたい。
本格四川麻婆豆腐定食787円をご飯少なめで注文する。
ランチメニュー以外からも注文可とのことで、鉄鍋餃子525円を追加する。
尚、この3年の間に消費増税があったのに、税込価格は3年前と変わっていない。

四季煲坊
とにかく昼も夜もメニューが豊富な店だ。
3年前に来たときも、いずれ夜に来てみたいと思ったが、
夜にこの辺りで大衆中華だと何故かいつも鴻運新店に行ってしまう。
料理はこちらの方が上だと思うのに…

四季煲坊
注文から12分ほどで麻婆豆腐定食が出来上がってくる。
先に出ていた搾菜に加え、玉子と豆腐とわかめのスープがつく。
ご飯は無料でお替りできるそうだ。

四季煲坊
麻婆豆腐は巷間でよく見られる四川風のような直線的な麻辣タイプではない。
粗く惹かれた肉がゴロゴロ入り、山椒はそれほど効いておらず、
細ネギが入り、葉ニンニクが入らない代わりにニンニクが結構効いている。
辛さよりはやや豆豉の甘さの方が強い感じだ。

四季煲坊
その8分後くらいに鉄鍋餃子が出て来る。
五本並んだ餃子は何となく3年前よりも細くなったように感じる。

四季煲坊
割って断面を見てみると、以前同様、しっかり海老のすり身や春雨が入っている。
もうちょっと太くて中身がみっちりつまっていればかなり美味そうだが。

四季煲坊
会計を頼むと、フロアを仕切る中年女性店員から
「12円マケて1,300円でいいよ。」
と言われる。
メディアでよく紹介されるこの女性は気のいい人のようだ。
“煲坊”は土鍋の意味だそうだから、いずれ土鍋ごはんを食べに来よう。
因みに分煙との情報があるが、この日は全面喫煙可のようだった。

四季ボウ坊中華料理 / 新橋駅内幸町駅汐留駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


posted by こここ at 12:38| Comment(0) | 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。