2016年09月06日

平太周 味庵(大崎広小路)…あぶらあぶらめん

平太周
平日15時半過ぎ、五反田方面に車を走らせる。
昼飯がこの時間になってしまったからには、どうしても行きたい店がある。
大崎広小路駅近辺のコインパーキングに車を停め、「平太周」に行く。

平太周
店内に入り、すぐ右手にある券売機の前に立つ。
この店には幾度か来ていて、味噌ラーメンしか食べたことがない。
しかし、今日の目あては違う。

平太周
15時からしか販売されない爆盛油脂麺(ばくもりあぶらあぶらめん)880円である。
この麺の存在を知って以来、一度食べてみたいと切望していたが、
一方で、麺400gはちょっと私には無理なのでは、とも思っていた。
しかし麺の量の調節も可能なようで、デフォルト400gのところを300gで注文する。

平太周
カウンターのみ全12席の店内に、私以外の客は男性一人客2名のみ。
この時間だから、その2名とも爆盛油脂麺を注文している。
店はアジア系外国人の店員三人によって切り盛りされている。

平太周
注文から14分で出来上がってくる。
これだけ時間がかかるのだから、15時以降のみの販売も仕方ないのだろう。

平太周
麺は茶色い極太縮れ麺で、ボソッとした歯応えだ。
ただ、“あぶらあぶら”と言うだけあって、
何層かの脂の膜にコーティングされているように感じる。
丼の表面に散らされた背脂を持ち上げて食べれば、更にジャンク度が増す。

平太周
具はチャーシュー、メンマ、ネギ、やや硬めの半熟の味玉である。
チャーシューは脂身たっぷりの煮豚で、箸で簡単に崩れる。
麺と共にかき混ぜて細かくすれば美味いのかもしれないが、大きいまま食べた。

平太周
かなりの量なので味に飽きてくるわけだが、味変用の調味料も用意されている。
マヨネーズ、マスタード、青海苔、山椒、タバスコ、辣油、黒胡椒などである。

平太周
その内、マヨネーズとマスタードを投入する。
油っぽさがさらに増幅し、味が濃くなってジャンク度が増す。
これはクセになる味だ。
美味くてワシワシと食べるが、やはり麺300gは私にはきつすぎた。

平太周
ジャンクさをひたすら求めているところは期待通り。
時間をおいたらまた食べたくなりそうな気がする一品だった。

平太周 味庵ラーメン / 大崎広小路駅五反田駅大崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2



posted by こここ at 16:26| Comment(0) | 品川区 五反田、大崎広小路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。