2016年09月10日

酒盃 たいこう(大岡山)…去りゆく夏をひやおろしで名残惜しむ

酒盃 たいこう
美味い純米酒を飲みたいなぁ…ってなったら最近はたいこうに行く。
夏仕様の酒もそろそろ飲みおさめかも、なんて思いつつ席を予約する。
妻と行くのは3ヶ月ぶりである。

酒盃 たいこう
予約の17時半に入店し、カウンターの角の席に座る。
今日も早い時間は予約で満席のようだ。

酒盃 たいこう

酒盃 たいこう
まずは日本酒のメニューを見る。
主人曰く、夏の酒と秋の酒が半々くらいとのこと。

酒盃 たいこう
スタートは栃木の鳳凰美田、五百万石のひやおろしである。

酒盃 たいこう

酒盃 たいこう
さて、料理の方はお刺身五点盛(2人前)1,380円からスタート。
かつお、イサキ、ハタ、シマアジ、そして珍しいメイチ鯛が盛られる。
すっきりとした純米酒には白身の刺身がやっぱり合う。
その後注文した料理は以下の通り。

酒盃 たいこう
イワシなめろう780円、死ぬほど美味かった。

酒盃 たいこう
新サンマ塩焼き880円、はらわたはしっかり残して焼いてもらった。

酒盃 たいこう
谷中生姜豚肉巻き揚げ540円、今日の谷中生姜は効きが強烈だった。

酒盃 たいこう
そして名物、栃尾の油揚げ焼き580円、ボリューム満点の一品だ。

そして日本酒は…

酒盃 たいこう
アイスブレーカー、京都の外人の杜氏がつくる夏酒、今年は飲みおさめかな。

酒盃 たいこう
大好き山形のくどき上手、そのひやおろし。

酒盃 たいこう
そして〆は尾瀬の雪どけ、純米大吟醸ひやおろしだ。
コストパフォーマンスの高さが際立つ。
結局今日は夏酒ばかり飲んでしまった。

酒盃 たいこう
今日も楽しい時間を過ごせた。
隣席のおっさんがタバコを吸っていたが、
例によって近くにデカい換気扇があるおかげで臭いも煙も来なかった。
次に来るときは日本酒のラインナップがガラッと変わっていそうだ。

酒盃 たいこう割烹・小料理 / 大岡山駅緑が丘駅北千束駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8


posted by こここ at 21:25| Comment(0) | 大田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。