2016年09月19日

鳥樹 東口店(旗の台)…続・鶏肉喰いたきゃ鳥樹に行け

鳥樹 東口店
敬老の日は妻と小雨降る中ハマスタで野球観戦。
奇しくもベイスターズが念願の初CS参戦を決める試合となった。
歓喜の中、球場を出てすぐに鳥樹 東口店に電話を入れて席を確保する。

鳥樹 東口店
17時15分頃に店に着く。
天気のせいかまだ先客はなく、1階のテーブル席に座る。

鳥樹 東口店
すぐに私は生ビール小を、妻はレモンサワーを注文し、
ベイスターズの勝利に乾杯する。

鳥樹 東口店
いつも通り、お通しの納豆とサービスの鶏スープが出て来る。

鳥樹 東口店

鳥樹 東口店
メニューを見る。
まあ、見なくてもだいたい注文するものは決まっているんだけど。

鳥樹 東口店
まずは生野菜540円を塩抜きでの注文からスタート。
レタスとキュウリを、たっぷりのマヨネーズをつけてむしゃむしゃ食べる。

鳥樹 東口店
続いては唐揚げ790円が出て来る。
以前はメニューにもも唐揚げと手羽唐揚げがあったが、これは手羽唐揚げだ。
以前よりボリュームは減ったように思うが、コロモの香ばしさ、肉の旨味は健在だ。
もも唐揚げも同価格で注文可能なよう。

鳥樹 東口店
料理三品目は特大もも焼き980円である。
あらかじめ切って出してもらうよう頼んである。

鳥樹 東口店
妻が生肉が苦手なのでももタタキよりこちらを注文することが多いのだが、
相変わらず皮はパリッと香ばしく、身はしっとりとパサつかず旨味に溢れる。

鳥樹 東口店
ここで冷酒を注文する。

鳥樹 東口店
そして裏メニューのパート2(値段不明)が出て来る。

鳥樹 東口店
キモと腸の間の部分なのだそうだ。
レバーのクセがありながらコリッとした食感で脂ものっている。
無いときも多いので幸運だ。

鳥樹 東口店
ラストはやきとり620円
以前はひと串にいろいろな部位の肉が刺してあったが、
今は極めてありきたりなねぎま串となっている。
正直言うと、この店の品としては面白みに欠けると思う。

鳥樹 東口店
お腹いっぱい食べて会計は二人で6,000円を切る価格。
相変わらずのリーズナブルさだ。
今年の冬は久しぶりにこの店で鶏鍋を食べよう、
なんて妻と話しつつ、店を後にした。

鳥樹 東口店鳥料理 / 旗の台駅荏原町駅長原駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


posted by こここ at 20:34| Comment(0) | 品川区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。