2016年09月20日

【閉店】とんかつ 梅月(阪東橋)…軽やかなかつ、脂身甘し

とんかつ 梅月
伊勢佐木町で用事を済まし、時計を見れば午前11時過ぎ。
久々に豊野で天丼でも食べようかと阪東橋方面に歩く。
横浜橋商店街入口に着いてやや年季の入った店構えのとんかつ屋を見つける。
「とんかつ 梅月」・・・、方針変更、入店することにする。

とんかつ 梅月
開店時間の午前11時半の入店ながら、全20席の店内に先客が二人いる。
木造りの内装は外観同様年季が入っていて、席間はゆったりしている。
カウンター席の一番端に座る。

とんかつ 梅月

とんかつ 梅月

とんかつ 梅月
メニューは一般的なとんかつ店のそれと大きく変わらないが、
揚げ物単品やつまみ類が充実していて昼飲み客にも対応している。
ロースかつ定食1,400円をご飯少なめで注文する。
注文した後に特選ロースかつ定食があることに気づくが、時すでに遅し。
後で聞けば、肉の部位も大きさも違うのだそうだ。

とんかつ 梅月
店は調理を一手に行う年配の主人と女性店員二人によって切り盛りされる。
三人とも腰が低く接客は温かく丁寧で、のんびりした雰囲気で居心地はいい。
私の後に入ってきた年配女性客は主人と昔話に花を咲かせていた。

とんかつ 梅月
卓上には自家製と思われるソースと“本膳”なる醤油、塩、一味唐辛子が置かれる。

とんかつ 梅月
注文から9分ほどで出来上がってくる。
しじみの赤出汁、香の物、大根と人参の煮物がつく。
ご飯は一回だけ無料でお替りができる。

とんかつ 梅月
ロースかつは肉の厚みが最大1.8pくらい、肉だけで150g程度のボリュームだ。
コロモは目が粗くきれいなきつね色で、中高温揚げで油切れがいい。
肉からも剥がれにくくなっている。

とんかつ 梅月
食べてみれば、赤身の旨味はほどほどながら脂身の甘さはなかなかのもの。
実は注文時に主人がコロモをつける前の豚肉を見せてくれ、
「ウチのとんかつは脂身が本当に甘いんですよ。」
と言っていたのだが、真実だった。
店内表示によれば“清川恵水ポーク”という銘柄豚を使用しているよう。

とんかつ 梅月
こうなると特選ロースかつも是非食べてみたくなる。
それにこのコロモの感じなら魚系のフライも絶対に美味いだろう。
寒くなったらカキフライを食べに来よう、なんて思いつつ店を後にし、
豊野の満席を横目に阪東橋駅に向かった。

梅月とんかつ / 阪東橋駅黄金町駅伊勢佐木長者町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ラベル:とんかつ
posted by こここ at 13:27| Comment(0) | 神奈川県 横浜市その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。