2016年09月21日

なまらうまいっしょ(本厚木)…キャベツが寂しいバラ豚丼

なまらうまいっしょ
「一番好きな丼は?」
と聞かれたら長らく焼鳥丼かかき揚げ丼と答えていたが、
新橋の豚大学に行って以来、十勝流の豚丼もそれに加わるようになった。
今日は北海道弁言葉を店名にしたなまらうまいっしょに行く。

なまらうまいっしょ
小田急線本厚木駅南口から2分ほど歩いて店に行く。
店頭に太った男性が5人ほどたむろしていて店内満席なのかと思ったが、
平日14時20分だからさすがに店内に客は一人もいない。

なまらうまいっしょ
カウンター席に座ってメニューを見る。
豚丼はバラ肉とロース肉があり、両方が盛られる品はない。
ロースの方は丼の表面をいっぱいに肉が覆うがバラ肉はキャベツも盛られる。
見た目はロースの方がよさそうだがなんとなくバラ肉の方を食べたい。
国産バラ豚丼豚汁セット並960円+税バラ肉増し200円+税を注文する。

なまらうまいっしょ
カウンター席とテーブル席に分かれ、カウンター席からは肉を焼く様子が見える。
備長炭のみを使用して直火で焼くのがこだわりのよう。
火力が強いせいか、あっという間に網から肉を上げている。
卓上には山椒、白ごま、山椒味噌、七味、ニンニク醤油漬けが置かれる。

なまらうまいっしょ
注文から3分で出来上がってくる。

なまらうまいっしょ
メニュー写真通り、丼の表面の半分以上を生のキャベツが占めている。
そのキャベツの下には豚バラ肉はない。

なまらうまいっしょ
バラ肉は焼き目が香ばしく、脂身たっぷりで美味い。
タレは甘いがあまりべタっとした感じではない。
生キャベツもこのタレで食べる感じになる。

なまらうまいっしょ
しかし、肉増しにしたにもかかわらず、米に対して肉の量が物足りない。
これまで他の店で食べた豚丼で、キャベツで底上げされたようなものはなかった。
結構いい値段を取るのだから、キャベツは別メニューにして、
丼の表面いっぱいに肉を敷き詰めてもらいたいと思ってしまう。

なまらうまいっしょ
豚汁は具沢山で肉がしっかり入り、やや塩味が濃かったが美味かった。

なまらうまいっしょ
盛りにやや不満を感じたが、味はとても美味かった。
平塚や伊勢原にも店舗があるので、
いずれ気が向いたら、ロース肉の豚丼を食べに来よう。

なまらうまいっしょ 本厚木店豚丼 / 本厚木駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

ラベル: 豚丼
posted by こここ at 15:34| Comment(0) | 神奈川県 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。