2016年09月23日

銀座天龍(銀座一丁目)…巨大餃子12個は壮観

銀座 天龍
銀座天龍と言えばアメ横の昇龍、八重洲の泰興楼と共に都内餃子御三家と呼ばれる。
その三店の餃子が都内で際立って美味いのではなく、際立ってデカいのである。
泰興楼は自由が丘店や八重仲ダイニングのFei店によく行くし、
昇龍は今年の春に久しぶりに行った。
だが天龍は10年ほど前に行ったきりなので、久々に行ってみることにする。

銀座天龍
平日15時ちょっと前の入店で全101席の店内は半分以上の卓がうまっている。
昼どきは行列が絶えないらしいが、この時間でこの入りはさすがの人気店ぶりだ。
サラリーマン、OL風一人客が多いが、爆買後風の外国人観光客も散見される。

銀座天龍
4人用テーブル席に案内され、メニューを見る。
20〜30年くらい前によく来ていた頃の私の印象は、
「餃子以外はあまり・・・」
である。
その経験から、焼きギョーザ1.5人前1,500円のみを注文する。

銀座天龍
注文から8分で出来上がってくる。
ひょえー、もの凄い量だ。
大皿に巨大な餃子4個ずつ3列に並ぶ。

銀座天龍
つけダレは辣油、酢、醤油の順に小皿に入れるのが鉄則だ。

銀座天龍
箸で一個を持ち上げるとかなりの重みを感じる。
皮は厚めというが、昇龍ほどのもっちり感はない。

銀座天龍
あんは豚もも肉と白菜、ネギ、醤油を加え石臼で40分練ってできるという。
ニンニク、しょうがなどは一切入っていない。
皮の中にあんがみっちりつまっている感じではなく、泰興楼とタイプは似ている。

銀座天龍
私は都内では池袋の開楽のジャンボ餃子が一番好きだが、
御三家の中では天龍が一番好みだ。
餃子以外の料理については20年以上前の記憶しかないから、
いずれ夜に飲みに来てみたいとも思う。

銀座天龍餃子 / 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

ラベル:餃子 大衆中華
posted by こここ at 16:37| Comment(0) | 中央区 銀座、東銀座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。