2016年09月25日

長田いっしん(武蔵小山)…神戸長田地区のお好み焼き

長田いっしん
「なんかフェスみたいなのに行きたくない?」
との妻の言葉に導かれ、日曜のこの日、青山の国連大学広場に行く。
そこで開催されていたのはなんと“コーヒーフェス”・・・
まったく興味はないが、妻への福利厚生のつもりで大混雑の広場に飛び込む。

073.JPG
でも私はコーヒーは一杯も飲まず、ビールを飲んだんだけど。

さて、妻が何種類ものコーヒーを満喫したのを待って、いざ食事へ。
「最近お好み焼きを食べてないね」
という話になれば、カープ優勝の時節に乗って旗の台のを思い浮かべるが、
武蔵小山に「長田いっしん」という評判のいい店があることを思い出し、
電話で席だけ確保し、行ってみる。

長田いっしん
店に到着したのは14時過ぎ、入口脇の小さな2人用テーブル席に導かれる。
先客はテラス席のカップルと男性一人客、女性一人客の4人のみ。
まあ時間が時間だけにそんなものだろう。
店は調理の男性二人にフロア係の女性の計三人で切り盛りされている。

長田いっしん
メニューを見る。

長田いっしん
ドリンクは私は烏龍ハイ390円+税を、妻はレモンチューハイ390円+税を注文する。

長田いっしん
(画像クリックで大きくなります。)
料理はイカやキノコ類などの単品の鉄板焼品をズラッと並べたかったが、
そんなに食べられるわけがない、と妻に一蹴される。

長田いっしん
で、まず最初に出て来たのが焼き枝豆350円+税だ。
鉄板で焼くと茹でるのと違った味わいなのかと思って期待したが、
茹でた枝豆に軽く鉄板で焼き色をつけただけのものが出て来た。

長田いっしん
続いてはぶたねぎ焼き580円+税が出て来る。
薄い生地の上にたっぷりの青ネギと薄切り豚肉、油かすがのる。
醤油味がついていて、何もつけずに食べれる。

長田いっしん
そしてメインは鉄人モダン焼き1,380円+税である。

長田いっしん
焼きそばが下に敷かれたお好み焼きがモダン焼きということになる。
鉄人焼きは海老、イカ、タコ、ぼっかけ、あぶらかす、ぶたが入る。
ぼっかけは神戸長田地区名物の牛スジとこんにゃくの煮ものだ。
お好み焼きソースとマヨネーズがたっぷりかかる。

長田いっしん
日本酒一合を追加して、会計は二人で3,823円。
メニュー表記はすべて税抜表示なのにその記載がないから注意が必要だ。
近々旗の台の秀に行こうね、と妻と言いながら店を後にした。

長田いっしんお好み焼き / 武蔵小山駅西小山駅戸越銀座駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

ラベル:お好み焼き
posted by こここ at 17:00| Comment(0) | 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。