2016年09月26日

レモングラス(海浜幕張)…オフィスビルに新規開店のタイ料理店

レモングラス
今日は商用のため朝から幕張へ。
業務終了が13時、そのまま周辺で昼を済ませようと徘徊することに。
駅近くのオフィスビルに併設されたマリブダイニングというレストラン街に行く。
企業系レストランが並ぶ中、タイ料理店「レモングラス」に入店してみることに。

レモングラス
30人も入ればいっぱいになりそうな店内はこの時間でも盛況だ。
聞けば7月に新規オープンしたばかりだという。
汐留界隈、野村ビル、NSビルなどオフィスビルのレストラン街にはときどき行くが、
昼どきでもセルフうどん店以外は意外と客入りがよくなかったりする。
ずっとそこで働いている人たちにしてみれば飽きてしまうということだろう。
この店は7月にオープンしたばかりらしく、今が勝負なわけである。

レモングラス
ランチメニューは6種。
タイ料理店ながらフォーがあるところは、店が本格派でないことを表している。
だから日替りランチのカオマンガイ1,058円を期待せずに注文する。
尚、メニュー表記はすべて税抜価格だ。

レモングラス
注文から3分もたたずに出来上がってくる。
ゲーンジュウ、野菜の澄ましスープに、ココナッツミルクと果物のデザート、
そしてサウザンドレッシングがかかったミニサラダがつく。

レモングラス
カオマンガイのカオ、つまり米は長粒米と短粒米のブレンドのようだ。
色づきからしっかり鶏出汁で炊かれているようだが、ジャーで保温されている感じ。
但し、粘り気はあまりなく、まずまずの食感だった。

レモングラス
鶏肉はやや量が乏しい感じだったが、臭みなどはまったくなかった。
ナムチムはタオチオ(タイ豆味噌)と共にニンニクがしっかり効いていて、
オフィスビルのレストランとしてはチャレンジングだと思った。
強めの味のソースに助けられているカオマンガイだと思った。

レモングラス
海浜幕張駅の売店でマスクを買ってから京葉線に乗ることにしよう。
タイ料理に限らず、ランチでも遠慮なくニンニクを入れる店が多くなったなあ、と思う。

タイ料理 レモングラス 海浜幕張WBGマリブダイニング店タイ料理 / 海浜幕張駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 都外(神奈川県以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。