2016年10月08日

Aux delices de dodine(大門)…やはりメインは豚肉に限る

Aux delices de dodine
酒々井アウトレットから帰宅し、一息ついて電車で大門へ。
三連休最初の晩は約半年ぶり四度目のAux delices de dodineである。

Aux delices de dodine
予約は開店と同時の18時。
入店すると既に数組のカップル客が席についている。
この日も席は予約でいっぱいのようだった。

Aux delices de dodine
いつも通り、壁に並べられたボトルワインを眺め、中から1本を選ぶ。

Aux delices de dodine
ラングドックはカバルデスという地区のプチ・タリュオスというフルボディ。
ブドウがシラー、メルローだからまさに我々夫婦好み、香りがとてもよかった。
料金は4,300円+税、概ね市価の倍だ。

Aux delices de dodine

Aux delices de dodine
(画像クリックで大きくなります。)
さて、料理はグランドメニューと、日替りの黒板メニューから選ぶ。
一品のボリュームがあり、二人なら前菜2品、メイン1品で十分だ。

Aux delices de dodine
この日の料理一品目はアイワトマトのサラダ980円+税が出て来る。
ブロッコリー、オクラ、セルバチカなどの他にハーブ系の葉類も入って、
サッパリとしたソースもよく、なかなか楽しいサラダだった。

Aux delices de dodine
同時にバケットが出て来る。
これがあまりにも美味いのでどこの店のパンか聞こうと思っていたが、
結局聞くのを忘れてしまった。

Aux delices de dodine
二品目はカマスのポワレ、サフランのクリームソース1,680円+税である。
出て来る直前に厨房から焼魚の香りがぶわーっと漂ってくる。
出てきてみれば、皮つきの身の厚いカマスが二切れ並ぶ。
バターたっぷりの濃厚なソースだが、やはりカマスのクセをカバーするには至らない。
どう考えても赤ワインに合わせるべき料理ではなかった。

Aux delices de dodine
つけ合わせはオクラ、ブロッコリー、アスパラ、ヤングコーンなどのソテー。
これはバターたっぷりのソースとよく合ってとても美味かった。

Aux delices de dodine
さて、メインだが、半年前に来たときは牛ほほ肉を食べたし、
4ヶ月前に姉妹店のLes pif et dodineでは牛ハラミを食べた
だから今日はもちろん久々に豚肉だ。
店員と相談の上、いも豚ロースのロティ1,950円+税を選択する。

Aux delices de dodine
美味い。
いも豚は噛むと一瞬にして口の中いっぱいに旨味が広がり、
脂身も舌の上で簡単に溶けて甘みもしっかりある。

Aux delices de dodine
タレも甘すぎず辛すぎず、ミニ玉ねぎやしし唐などつけ合わせの野菜もいい。

Aux delices de dodine
この日の会計は二人で税込10,700円。
終わりよければすべてよし、豚肉がすべてキメてくれた。
2ヶ月おきくらいに二店の姉妹店をまた巡礼してみよう。

Aux delices de dodineビストロ / 大門駅浜松町駅芝公園駅

夜総合点★★★★ 4.1


posted by こここ at 21:00| Comment(0) | 港区 浜松町、大門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。