2016年11月03日

よもだそば(銀座)…ニラ天美味すぎる

よもだそば
よもだそばと言えば都内でも有数の人気路麺店である。
私のB級グルメ仲間の間でも、日本橋のそばよしや神保町のいわもとQと共に、
都内トップクラスと支持する人が多い。
天気のいい祝日の午前11時、長い散歩の起点にこの店を選ぶ。

よもだそば
店に入ってすぐのメニューを見て、券売機の前に立つ。
自家製インドカレーが本格派でかなり美味いことは知っているのだが、
ニラ天せいろ370円ゲソ天140円春菊天120円の食券を買う。
相変わらずこういう店に来るとトッピングを大人買いしてしまう。

よもだそば
全14席の店内に先客は3人ほど、その内一人は若い女性だ。
後からも高級ブランドバッグを小脇に抱えた化粧の厚い若い女性一人客が入ってくる。
路麺店で若い女性一人客を見るようになったのはいつ頃からだろうか。
因みに私の妻は今でもラーメン屋に一人で入れないと言う。

よもだそば
注文から2分くらいで出来上がってくる。
HPによればそばは生麺と言うから、ある程度茹で置きしているのかもしれない。
三種の天ぷらはすべて一つの皿に盛られてくる。

よもだそば
食べると、そばはなかなかシャキッとして歯応えがよく、とても美味い。
さすが都内でも有数の評判店だ。

よもだそば
天ぷらはもうニラ天につきる。
ニラのクセや香りが全体に広がり、味わったことのない美味さだ。
こればかり三枚くらいトッピングすればよかった、と思うほどだ。

よもだそば
一方で、春菊天はあまりに普通だったし、ゲソ天は冷めてコロモが硬くなっていた。
ゲソ天はもうちょっとコロモを薄くつければいいと思った。

よもだそば
路麺店としてのクォリティの高さはよく分かった。
私が都内で一番好きな路麺店は虎ノ門の峠そばだが、そばはそれに次ぐ美味さだった。
次は季節の山菜天が出る春の時季に来てみたいと思った。
よもぎ天、山うど天、タラの芽天をフルトッピングしてみたい。

よもだそば 銀座店立ち食いそば / 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅


昼総合点★★★☆☆ 3.7

posted by こここ at 13:31| Comment(0) | 中央区 銀座、東銀座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。