2016年11月10日

咖哩屋 DEW(新橋)…愛のカシミールカツカレー

咖哩屋 DEW
第一京浜が外堀通りと交差し昭和通りと中央通りになるデカい交差点に面し、
車で通りがかるたびに気になっていたカレー専門店「咖哩屋 DEW」。
幾度か行ってみたが、臨時休業だったり開店準備が整っていなかったりでフラれ、
今日の午後もダメもとで寄ってみたが、晴れて店は営業中だ。

咖哩屋 DEW
平日14時15分頃の入店で全6席に先客はなく、カウンターの端の席に座る。
店は若い男性一人によって切り盛りされている。

咖哩屋 DEW

咖哩屋 DEW
メニューを見ると、通常のカレー以外に、
14時以降に提供可となるスペシャルカレーがある。
カシミールカレーにカツを2枚トッピングできないか聞くと、
揚げものは1枚ずつしか揚げられないので時間がかかる、と言われる。
カシミールカレー(大)800円とトッピングのロースカツ300円を注文する。

咖哩屋 DEW
巷に知られている、黒くてサラサラで刺激的な辛さのカシミールカレーは、
インド、パキスタン国境付近のカシミール地方の伝統的なカレーではない。
老舗カレー店、デリーのカシミールカレーを多くのカレー店が模倣したものだ。
但し、カシミールカレーにカツをトッピングできる店は都内でもあまりない。
渋谷のいんでいら、お茶の水のカレー屋ジョニーとこの店くらいではないだろうか。

咖哩屋 DEW
注文から5分ほどで出来上がってくる。
ご飯の上にカツがのせられ、カレーは別皿で出される。
(通常メニューのカレーはご飯にかけられた状態で出て来る。)
事前情報でボリュームが乏しいと聞いていたが、大盛でも大した量ではない。

咖哩屋 DEW
カツは肉の厚みが5oくらい、肉だけで80g程度のボリュームだろう。
形状から察するに、セントラルキッチン方式で作られた冷凍モノだと思う。
カレースタンドのカツだから、こういうチープなものでいいのだ。

014.JPG
食べる。
カレーはまずまずの辛さ、具としてゴロっとした鶏肉が入り、
しっかりとデリー風のカシミールカレーになっている。

咖哩屋 DEW
ご飯が硬めに炊かれているのがいい。
あまり大きな期待をしなかったこともあり、まずまずの満足感だった。

咖哩屋 DEW
料金は1,100円だから、コストパフォーマンスは低い。
通常メニューのカレーはワンコイン以内で食べれるようなので、
本来はそちらを注文すべき店なのだと思う。

伽哩屋 DEWカレーライス / 新橋駅汐留駅内幸町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 16:00| Comment(0) | 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。