2016年11月26日

Bistro-SHIN 2(目黒)…秋から冬へ、季節はうつろいゆく

Bistro-SHIN 2
一年は早い、と感じるのは日々が充実しているのか、無為に忙殺されているのか。
ともかくも、きっとあっという間に今年が終わる。
今日は、きっちり月一回のペースで来ているBistro-SHIN 2に今年11回目の訪問だ。

Bistro-SHIN 2
予約の17時半の入店時はまだ店内に客はまばらだが、時間を追うごとに盛況に。
いつものことである。
奥の椅子席に導かれ、壁一面に貼られたメニューをワクワクしながら見回す。

Bistro-SHIN 2
ドリンクはセラボロという南オーストラリアの赤スパークリングを選択する。
果実味があって飲み応えのあるシラーズで、この店の赤泡では定番の一本だ。

Bistro-SHIN 2
お通しはヤーコンと四角豆のサラダだ。
四角豆はうりずん豆とも呼ばれるひだひだのついた鮮やかな緑の鞘のようなもの。
上部にのったしろいものはすべてヤーコンだ。

Bistro-SHIN 2
さて、この日の料理一品目は魚沼かぶとクレソン550円が出る。
この店に来ると、どういうわけかクレソンを食べたくなる。

Bistro-SHIN 2
続いては季節野菜の4種フリット(M)650円が出る。
内容はごぼう、かぼちゃ、茄子、いんげん、大葉、あとは失念。
次回は海鮮のフリットとミックスにしてもらってもいいかも、
なんて妻と言い合いながら食べた。
コロモにカレー粉が入って、一旦箸をつけると止まらない。
おかみさんにもシェフにも
「相変わらずフリット、お好きですね。」
と言われる。

Bistro-SHIN 2
二品目はスープ・ポワッソン850円
他の客に出されるのを見た妻の希望で注文してみた。
ポワッソンはフランス語で魚の意味で、いろいろな魚の煮汁で作ったスープだそうだ。

Bistro-SHIN 2
海老とクレピデュール貝が入り、バケットを浸しながら食べる。

Bistro-SHIN 2
メインの肉は山ゆり豚のガーリックソテー950円を選択する。

Bistro-SHIN 2
やまゆりポークは神奈川県産の銘柄豚だ。
脂身が豊富につき、旨味たっぷりでとても食べ応えがある。
この店は魚介系のメインもいいが、やはり肉系が満足感が高い。

Bistro-SHIN 2
イタリアのアリアニコをグラスで1杯追加する。

Bistro-SHIN 2
〆はニョッキのゴルゴンゾーラ焼きと迷った末、海老と大葉のバターパスタ950円を選ぶ。

Bistro-SHIN 2
シンプルな大葉とバター味のパスタはシェフお得意の味だ。
ボリュームも相変わらずたっぷり。

Bistro-SHIN 2
「絶対に紅白にSMAPは出ると思うね。」
「でもどうせ今年も紅白見ないんでしょ。」
なんていう年末話題でまったりと飲みながら時間は過ぎ、
会計をして、年末最終営業日の夜の予約をして店を後にした。
最近おかみさんが1号店にはりついていてあまり会えないのが寂しいなぁ。

Bistro-SHIN 2ビストロ / 目黒駅

夜総合点★★★★ 4.5

昼総合点-


posted by こここ at 20:00| Comment(0) | 目黒区 目黒、中目黒 Bistro-SHIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。