2016年12月08日

ごはん処 のぐっち(西小山)…がっつり感のない街の食堂

ごはん処 のぐっち
平日14時ちょっと前、所要で東急目黒線を西小山駅で降りる。
地元と言っていい土地だが、この辺りで昼飯を食べたことがあまりなく、
目標となる店も全く思い当たらない。
あてなく駅改札の右手の商店街に進み、すぐに見つけた「ごはん処 のぐっち」に入る。

ごはん処 のぐっち
階段を2階に上がり、ドアを開けて店に入る。
全18席の店内に先客は中年サラリーマン二人組のみだ。
二人用の小さなテーブル席に座る。

ごはん処 のぐっち
メニューを見ると、大衆食堂としては品数が多くなく、オプション的な選択肢もない。
家族経営的にこじんまりと営まれている店であろうと察せられる。
こういう店はオーソドックスでハズれにくい品を選んだ方がいいと思い、
豚ロースのしょうが焼き定食880円をご飯少なめで注文する。

ごはん処 のぐっち
注文から9分で出来上がってくる。

ごはん処 のぐっち
ご飯が多そうだったので更に少なめに盛りなおしてもらう。
白菜の浅漬け、挽肉入りがんもの煮物、ワカメと豆腐の味噌汁がつく。

ごはん処 のぐっち
しょうが焼きは豚ロースの薄切りが4枚並ぶ。
味つけは甘み、辛味などがおとなしめのオーソドックスで、
添えられた千切りキャベツをタレに浸して食べるとても美味かった。

ごはん処 のぐっち
あまり大きな野望を抱くことなく細々と営まれている店なんだと思う。
ウリになる看板メニューもなさそうだし、盛りがいいわけでもない。
昼から酒が飲めるわけでもなさそうだし、単品メニューもない。
いい大衆食堂には何かグッと惹きつけられる魅力があるものだが、
この店にそんなことを求めるのは野暮なのかもしれない。

ごはん処 のぐっち和食(その他) / 西小山駅洗足駅武蔵小山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

ラベル:食堂 生姜焼き
posted by こここ at 16:00| Comment(0) | 目黒区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。