2016年12月21日

風は南から(武蔵小山)…ぶっとい麺をワシワシ食う

風は南から
私は普段、それほどラーメンを好んで食べる方でないので、
遠方の有名店、評判店にわざわざ食べに行くことはない。
だから強いて好きなラーメン店を挙げるなら、住まいの近辺の店ばかりになる。
井田商店多賀野えにしじらい屋などと共に、そんな一店である。
その井田商店の2号店とも言うべき「風は南から」に行ってみる。

風は南から
東急線武蔵小山駅から3分ほど歩いて、午後12時10分頃に店に着く。
店外のメニューを確認し、店内で背脂醤油チャーシューメン1,100円の食券を買い、
1席だけ空いていたカウンター席に座る。

井田商店ではいつも特醤油ばかりを食べていて、背脂系の品は食べたことがない。
何故ならメニューに“背脂系は時間がかかる”と書いてあり、
井田商店の主人は雰囲気が怖いので、何となく注文しにくいのだ。
(話してみると、全然怖い人ではない。)
そういう意味では、2号店のこちらでは遠慮なく注文することができる。
その後思い立って、味玉100円の食券を買って追加注文する。

風は南から
着席から13分ほどで出来上がってくる。

風は南から
まず目を奪われるのがやや縮れのあるぶっとい麺である。
茶色くて歯応えがあり、食べてみるとゴワゴワとした食感だ。

風は南から
こういう麺だから、スープはドロッとするほど濃厚なものが合いそうだが、
背脂がたっぷりと浮いている見た目に反して、意外とクドさはなくあっさりだ。

風は南から
チャーシューは薄切りで面積が広く、ロース肉2枚、バラ肉が4枚のる。
恐らくチャーシューメンのエクストラ分が脂身の多いバラ肉なのだと思う。
こちらも油っぽいクドさはなく、甘みがあってとても美味い。

風は南から
なかなか美味かった。
が、やはり井田商店なら普通の醤油だと思った。
ボニート・ボニート、じらい屋と迷う選択肢ができたのは嬉しい。

風は南からラーメン / 武蔵小山駅西小山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

ラベル:ラーメン
posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。