2016年12月26日

洋食 ふじかわ(荏原中延)…高齢地元客ご用達、年季の入った洋食店

洋食 ふじかわ
年末になって飲み会が続くからか、体重のコントロールがままならない。
気合で一日一食生活を続けているが、
ここのところ日本酒を飲み機会が多いので、糖質の摂取量が上がっているのだろう。
だから、今日の昼は近所の、ボリュームが控えめの洋食店「ふじかわ」に行く。

洋食 ふじかわ
平日13時ちょっと前の入店で全24席の店内に先客は男性一人客が二人のみ。
4人用テーブル席に案内される。
私の後に入ってきた二人組客も含め、皆地元の人のように窺える。
店はコック姿の年配の男性主人と配膳をする年配女性の二人で賄われている。

洋食 ふじかわ
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見て、単品しょうが焼きにグラタンでも頼もうかと考えるが、
体重のことを思い出して我に返り、
日替り定食(しょうが焼きとメンチカツ)880円をご飯少なめで注文する。

洋食 ふじかわ
私がこの店に来るのは約4年ぶり、三度目で、
過去二回は三品定食、カツカレーを食べているが、いずれも盛りが寂しかった。
カツカレーは大盛にしていたが、それでも物足りなかったのを覚えている。

洋食 ふじかわ
注文から7分くらいで出来上がってくる。
おかずを見ると、予想外にしょうが焼は見た目にはなかなかの盛りだ。
野菜がたっぷり入ってよく煮込まれた豚汁がつく。

洋食 ふじかわ
まずはしょうが焼きから食べてみる。
盛りがよさそうに見えたのはナポリタンで底上げされていたからで、
実際は野菜とともに炒められた薄切りのロース肉が三枚の内容だ。
できればしょうが焼きは千切りキャベツにのせて、タレに浸してほしかった。

洋食 ふじかわ
メンチカツは真ん中がへこんでいる。
昔、焼いている内に真ん中がへこんでしまったハンバーグがよくあったが、
空気抜きが上手くいかなかったのかもしれない。

洋食 ふじかわ
食べてみると、コロモがかなりカリッとして焦げ目もあるが、
中の挽肉はまあまあしっとり感があって、肉汁も滴っている。
卓上の自家製と思われるソースで食べる。

洋食 ふじかわ
もともと盛りの少ないことを想定してきたので、そのことへの不満は感じなかった。
フライものなどの単品追加が出来ればいいなあと思う。
いずれ来ることがあれば、グラタンやオムライスを食べてみたい。

洋食 ふじかわ洋食 / 荏原中延駅中延駅戸越公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 品川区 戸越、中延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。