2016年12月30日

Bistro-SHIN 2(目黒)…神ってる、金、Bistro-SHIN

Bistro-SHIN 2
2016年の最後は今年もお世話になったBistro-SHIN 2で〆たい。
30日金曜日の17時半に店に行き、いつも通り奥の椅子席へ。
我々夫婦のこじんまり忘年会の始まりである。

Bistro-SHIN 2
年内最終営業日だからか、この時間から大盛況だ。

Bistro-SHIN 2
まずはいつも通り、壁一面に貼られたメニューを見回す。
新メニューを確認しつつ、品数を決めてこの日の流れを組み立てていく。
結局その通りにならないことが多いのだが、でもこの瞬間が楽しい。

Bistro-SHIN 2
ドリンクは奮発してヘンリーマーティン4,950円という豪州の赤スパークリングを選ぶ。
ブドウはシラーズ、何とも言えぬ深みと甘みがあってとても美味い。

Bistro-SHIN 2
お通しは芽キャベツとヤーコンのサラダだ。
きっといずれもシェフの故郷の魚沼から届いた野菜なのだろう。

Bistro-SHIN 2
さて、この日の料理一品目はフォアグラと鴨生ハムのせクレソンサラダ950円だ。

Bistro-SHIN 2
妻はあん肝やレバーを食べれないが、何故かフォアグラは食べられる。
鴨生ハムは燻製された香りが強く、苦みのあるクレソンに負けていない。
この店のクレソンサラダはウワモノが多様だが、とにかくドレッシングが美味い。

Bistro-SHIN 2
続いて二品目はマッシュルームと舞茸のフリット750円が出て来る。
マッシュルーム、舞茸にふきの葉のフリットが加わる。
カリッとフワッと揚がっていて、コロモのカレー粉も効いてとても美味かったが、
いつもの野菜のフリットの方がバラエティに富んで面白味がある気がした。

Bistro-SHIN 2
三品目は店の一番人気メニュー、アンチョビキャベツ550円である。
店に来るまで権之助坂を下りながら、久々に注文しよう、と妻と話した品だった。
キャベツをアンチョビソースで炒めただけのシンプルな品だが、
強めの味つけもあってお酒がよく進む。

Bistro-SHIN 2
メインはブラックアンガス牛のステーキを考えていたが、残念ながら品切れで、
メニューに“今日だけ”と書かれた牛ハラミカツレッタ950円を選択する。
本来はかなりレアで出す品だが、妻が生肉が苦手なのを知っているおかみさんが、
「やや肉が硬くなってしまいますが、少し火を通しましょうか?」
と言ってくれる。

Bistro-SHIN 2
それでもハラミはとても軟らかくて旨味も強く、とても美味かった。
何もつけなくても美味かったが、自家製マスタードをちょっとつけるのがよかった。

Bistro-SHIN 2
ここでシャトー・オープレジール850円というカオールの赤をグラスで注文する。
マルベック主体のカオールならではの濃厚でガンガンに樽が効いたワインで、
まさに好みのど真ん中だった。

Bistro-SHIN 2
〆は未食のニョッキのゴルゴンゾーラ焼き、マッシュルームとゴルゴンパスタと迷った末、
既に絶品であることが分かっているバカ旨!イカスミガーリックライス950円を選ぶ。
ニンニクが効いて旨味たっぷり、ご飯の食感もいい。
2016年KOKOKO賞を授与したい一品である。

Bistro-SHIN 2
会計は二人で11,340円。
お通し代を一人300円として、手計算で790円ほど不可解な額があるのだが、
サービス料などを取るようになったのかもしれない。
それでも2016年も一年間、美味いワインと料理でたっぷり楽しませてもらった。
シェフとおかみさんに感謝しつつ、来年の新メニューへの期待を胸に店を後にした。
さあ、家に帰って「戦力外通告2016」だ。

Bistro-SHIN 2ビストロ / 目黒駅

夜総合点★★★★ 4.5

昼総合点-


posted by こここ at 21:00| Comment(0) | 目黒区 目黒、中目黒 Bistro-SHIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。