2017年01月18日

スタミナカレーの店 バーグ 杉田本店(新杉田)…激辛カツカレーを求めて来たが

バーグ
トッピングメニューがあって辛さ調節ができるカレー専門店が好きだ。
贅沢にカツを2枚のせ、ルーを激辛にしたカツカレーを食べられるからだ。
神奈川県なら、その代表とも言うべき店はリオとバーグだろう。
京急新杉田駅直結のらびすた新杉田の2階にあるバーグ本店に行く。

バーグ
平日午前11時50分の入店でテーブル席はうまっているがカウンター席に空席がある。
しかし12時になるとカウンター席も満席になり、店の内外に待ち客の列ができる。
サラリーマン客、ガテン系男性客に混じり、女性一人客も見られる。

バーグ

バーグ
メニューを見る。
トッピングメニューにはカツの表示がない。
近づいてきた店員に聞く。
「カツカレーにもう1枚カツをのせることはできますか?」
「大丈夫ですよ。」
その店員にカツカレー880円カツトッピング辛さ15倍100円を注文する。
この時点でトッピングのカツの値段は分からない。

バーグ
バーグは約3年前に戸部店に行っていて、メニューにトッピングカツがあった。
バーグのHPの店舗情報には新杉田と弥生町しか掲載されていないから、
戸部店と浅田店は直営店ではないのかもしれない。

バーグ
注文から3分くらいで出来上がってくる。
カレーライスの上にカツが二枚のせられていて、上からカレーはかかっていない。
卓上のサウザンドレッシングをかけて千切りキャベツをまず平らげる。

バーグ
カツは肉の厚みは0.5pくらい、肉だけで1枚60gくらいのボリュームだ。
見た目はともかく、2枚のせてもボリューム感はあまりない。
カレーはもったりとした昔ながらのカレースタンドの味で揚げものとも合う。
辛さ15倍はCoco壱番屋換算で3辛から4辛程度で、ほどよい感じだ。

バーグ
会計は1,280円、トッピングカツは1枚360円ということになる。
これはいくらなんでも高い。
過去の記録を紐解けば、3年前の戸部店でもトッピングカツは高すぎると感じ、
スタミナカレーを選択すべきと結論付けている。
何のために記録しているのか分からない、と悔やむわけである。

バーグ 杉田本店カレーライス / 新杉田駅杉田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 16:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。